Lesson7 “Biomimetics”

Part1

(1)

バイオミメティックスの分野は、自然のシステムから学びます。

問題を解決するために、バイオミメティックスは自然がうまくいくことを理解しようとします。

また、新しい技術の開発も試みています。

バイオミメティックスという言葉は新しいものですが、人々は長年、さまざまな製品を開発するときに使用するアイデアを自然に求めてきました。

(2)
たとえば、野生では、鋭い先端を持ついくつかの植物の種子があります。

森の中を歩くと、そのような種が衣服に付着することがあり、それを取り除くのは難しいです。

(3)
1941年のある日、スイスのエンジニアであるジョルジュ・デ・メストラルが山の中を散歩して帰ってきました。

彼は犬の毛皮にごぼうの種を見つけました。

それから彼はよく調べました。

彼はそれらの種がとてもよくくっつくことができる理由を知りたがっていました。

彼はごぼうの種が鋭い先端に小さなフックを持っていることを発見しました。

それが髪の毛や毛皮に簡単に引っかかります。

これが「タッチファスナー」が最初に考えられ、発明された方法です。

biomimetics(名)バイオミメティクス; バイオミメティックス; 生体情報科学; 生体模倣科学; バイオミメティック
although(接)…であるが,…だけれども,とはいえ
George de Mestral(名)ジョルジュ・デ・メストラル
Swiss(形)スイスの,スイス人の
burdock(名)ゴボウ
fur(名)(ウサギ・テン・ビーバーなどの柔らかい毛の)毛皮
stick(名)(細長い)棒きれ,棒; 枝木
hook(名)(引っかけるため先の曲がった)鉤(かぎ)
fastener(名)ファスナー

Part2

(4)

バイオミメティックスは、環境問題の解決にも使用されます。

500系新幹線はユニークなデザインです。

長い前鼻の形には理由があります。

最初、列車はトンネルに入ると大きな音を立てました。

多くの人が騒音について会社に電話したので、設計者はそれを減らすために一生懸命働きました。

(5)

ある日、デザイナーが鳥を見ていると1つの考えが浮かびました。

電車の鼻をカワセミのくちばしのように長くすることでした。

カワセミは水に飛び込んで魚を捕まえるのがとても上手です。

くちばしの形状により、水からの抵抗が少なくダイビングが可能です。

同様に、列車のくちばしのような形状は、騒音を発生させる空気抵抗を低減します。

この新しいタイプの新幹線は、10%速く移動し、15%の電力の使用を減らせるようになり、騒音も大幅に減少します。

series(名)〔…の〕ひと続き,〔…の〕連続 〔of〕
bullet(名)(小銃・ピストルなどの)銃弾,弾丸
tunnel(名)トンネル,地下道
designer(名)デザイナー,意匠図案家,設計者
reduce(動)減らす,減少させる; 縮める,縮小する; 切り詰める
kingfisher(名)カワセミ
beak(名)(鳥の)くちばし
dive(動)(水中に)もぐる,潜水する
resistance(名)抵抗,反抗,敵対