Lesson9 “Bopsy”

Part1

(1)

26歳の母親は、白血病で死にかけている息子を見下ろしていました。

彼女の心は悲しみに包まれながらも、強い決意を胸に秘めていました。

親としては、息子の成長を願い、夢を叶えてあげたいと思っています。

しかし、それは不可能なことのように思えました。

白血病がそうさせるのだろうが、彼女はまだ息子の夢を叶えたいと思っていました。

(2)

彼女は息子の手を取り、言いました。

「ボプシー、大きくなったら何になりたいか考えたことある?自分の人生で何をしたいのか、夢や希望を持ったことはある?」

「お母さん、僕は将来消防士になりたい。」

(3)

お母さんは笑顔で「あなたの願いを叶えてあげる」と言ってくれました。

その日のうちに、彼女はアリゾナ州フェニックスにある地元の消防署に行きました。

そこで彼女が出会ったのは、フェニックスと同じくらい大きな心を持った消防士のボブでした。

彼女は息子の最後の願いを説明し、6歳の息子を消防車に乗せて街中を走らせることはできないかと尋ねました。

leukemia(名) 白血病
sadness(名)悲しみ,悲哀
fulfill(動)果たす,遂行する
Bopsy(名)ボプシー
firefighter(名)消防士[団員]
Phoenix(名)フェニックス,不死鳥
Arizona(名)アリゾナ州
might(助)…するために,…できるように
engine(名)消防自動車

Part2

(4)

ボブ消防士は「いいか、俺たちはもっとうまくやれるはずだ。

水曜日の朝7時に息子さんを準備してくれれば、1日だけの消防士にしてあげますよ。

消防署に来て、一緒に食事をして、火事の時には出動して、何から何までやるぞ。

もし彼の大きさがわかれば、すべてフェニックスで製造されているフェニックス消防局のエンブレムがついたおもちゃではない本物の消防帽、我々が着ているような黄色いコート、そしてゴム長靴がすぐに手に入れることができます」と言った。

(5)

3日後、ボブ消防士はボブシーを迎えに行き、消防服を着せて、病院のベッドからハシゴ車まで運んでくれました。

ボプシーは車の後ろに座らせてもらい、まるで自分が署長になったかのように消防署に戻っていきました。

彼はまるで天国にいたようでした。

(6)

その日、フェニックスでは3件の火災が発生しましたが、ボプシーはすべての火災に出動しました。

彼はさまざまな消防車、救急隊員のバン、さらには消防署長の車に乗りました。

また、地元のニュース番組にも出演しました。

(7)

彼は、母親と消防隊員がしてくれたことに感動し、医者が考えていたよりも3ヶ月も長生きしました。

emblem(名)象徴的な模様[紋章], 記章
rubber(名)ゴム,生ゴム,天然ゴム
manufacture(動)〈ものを〉製造[製作]する
ladder(名)はしご
truck(名)(荷物)運搬車
chief(名)(組織・集団の)長,頭(かしら); 長官,上役,局[部,課,所]長
heaven(名)天国,天界,極楽
paramedic(名)医療補助員 《看護婦[士]・心理療法士・検査技師など》
van(名)バン,有蓋(ゆうがい)トラック 《荷物・動物などの運搬用》

Part3

(8)

ある夜、ボプシーのすべてのバイタルサインが急激に低下し始めたため、「誰も孤独な死を迎えるべきではない」というホスピスの概念を信じていた看護師長は、家族を病院に呼び始めました。

その時、彼女は、ボプシーが消防士として過ごした日のことを思い出し、消防署長に電話して、制服を着た消防士を病院に派遣して、ボプシーの転機に寄り添うことができないかと相談しました。

すると、消防署長は「もっといい方法があります。

私たちは5分後には到着します。

お願いがあります。

サイレンが鳴り響き、ライトが点滅するのを見たら、PAシステムを使って、火事ではないことをアナウンスしてくれませんか?

病院にいる人たちに、消防署が最高のメンバーの一人にもう一度会いに来たと伝えてください。

そして、彼の部屋の窓を開けてくれますか?

それでは。」と答えました。

(9)

約5分後、病院に到着したはしご車が、開いていたボプシーの3階の窓にはしごを伸ばしました。

ボブ消防士は部屋に上って入りました。

そして、他の消防士たちも次々とボプシーの3階の窓に登り、手を振りました。

vital(形)生命の,生命の維持に必要な
dramatically(副)演劇的に; 劇的に
hospice(名)ホスピス 《末期患者のための病院》
concept(名) 概念 〈…という〉考え; 構想
transition(名)移り変わり,移行,変遷,変化
reply(動)答える,返事をする,応答する,答弁する
favor(名) 好意,親切
siren(名)サイレン
extend(動)延ばす,延長する

Part4

(10)

ボプシーはとても喜んでいました。

彼は母親を見上げていました。

「あのね、お母さん 」と彼は言いました。

「僕は、彼らに会いに行きたいんだ。自分のチームと一緒に出たいんだ」

階段を降りたボプシーを迎えたのは、第一消防署の隊員たちと、彼らの車「ボプシー1」からとった「B1」でした。

そして、消防隊員たちは、はしごを持ってきて、できる限り高く上げました。

消防士の一人が上に登りました。

ボプシーの母は、「まるで、”天国に行くぞ “と言っているかのようだった」と振り返りました。

(11)

訪問が終わる頃、ボプシーは消防士ボブに向かってこう言いました。

「私は本物の消防士ですか?」

ボブは「そうだよ」と答えました。

「もちろん、そうだよ」

ボプシーは翌朝、亡くなりました。

(12)

ボプシーのお母さんは、今でも、ボプシーが亡くなる数週間前のことをよく思います。

その時ボプシーは、母が自分の状態に動揺していることを理解し、彼女を慰めようとしたように思います。

「僕は大丈夫だよ。いつも君の守護天使だからね」と言いました。

そして、彼は「銀河の一部、空の一部になって、君のことを守るよ」

「私の息子は生きていて、多くの人々の心の中にいる “と母親は言います。

wheel(名) (車の)車輪,ホイール
downstairs(副)階下へ[で]
rename(動)〈…を〉新たに命名する,〈…に〉〈…という名を〉つけ替える
upset(動)〈人の〉気を転倒させる,〈人を〉ろうばい[動転]させる; 〈人を〉心配させる
console(動)〈人を〉慰める
angel(名)天使,(神の)御使(みつかい)
galaxy(名)星雲,銀河,小宇宙