Lesson8 “Mariko Nagai, Super Interpreter”

Part1

(1)

2013年9月、素晴らしいニュースが日本の多くの人々を喜ばせました。

そのニュースとは、“東京が2020年夏季オリンピックを開催するレースに勝つ”というものでした。

東京は1964年にオリンピックを開催し、アジアで2回開催されます。

多くの人々がオリンピックを開催するキャンペーンで一生懸命働き、その中に長井鞠子も含まれていました。

彼女は日本でトップの通訳者の一人です。

彼女の仕事を通して、彼女は世界へ日本の願いを伝え、運動の成功に大きく貢献しました。

(2)

通訳が何をするのか知っていますか?

話し言葉をある言語から別の言語に変更します。

国際会議では、20分から30分毎に通訳を交代で行います。

これは、仕事に深い集中力が必要だからです。

“通訳の仕事は格闘技のようなものです。”と長井は言います。

“つまり、私たちの通訳は受け取ったものに即座に答えます。

これは格闘技の剣の試合に似ています。”と彼女は

さらに説明します。

super(形)実に素晴らしい
interpreter(名)通訳者
delight(名)大喜び,歓喜
host(名)開催国
Olympic(形)オリンピックの
twice(副)2度
campaign(名)運動
desire(動)~を強く望む
contribute(動)~に貢献する
conference(名)会議
interpret(動)~を通訳する
require(動)~を必要とする
concentration(名)集中力
martial(形)戦いの
further(副)さらに
respond(動)答える
instantly(副)直ちに
sword(名)剣

Part2

(3)

長井さんは70歳を超えています。

彼女は今でも通訳として働いており、年間200以上の仕事をしています。

彼女は首相、トップアスリート、ハリウッド俳優、そして多くの分野の有名人のために通訳をしました。

単語を正確に解釈するためには、通訳が必要です。

しかし、長井は単語以上のものを伝えます。

彼女は話し手の態度と感情を伝えます。

(4)

例を出しましょう。

緩徐が重要な政治家のために通訳をしたとき、彼女は本当に怒ってテーブルをたたきました。

他の通訳をする人達は大抵ここまでしません。

しかし、話し手が怒ったとき、長井もまた通訳をしているときに怒ります。

彼女は話し手の態度や感情を正確に従います。

それが多くの重要な人達が彼女を通訳者として選ぶ理由の1つです。

長井は、“言葉は記号ではなく、メッセージです。

話し手とその場所の雰囲気に応じて話し方を変えることが重要です”と言います。

prime(動)~を準備させる
minister(名)大臣
athlete(名)運動選手
Hollywood(名)ハリウッド
correctly(副)正しく,正確に
convey(動)~を伝える
attitude(名)態度
politician(名)政治家
bang(動)~をドンドンと叩く
exactly(副)正確に
atmosphere(名)雰囲気

Part3

(5)

長井は1943年に宮城県仙台市に生まれました。

彼女が高校3年生の時、彼女はアメリカで1年間勉強しました。

彼女は英語に魅了され、日本の大学に進学し、一生懸命英語を勉強しました。

大学在籍中、彼女は1964年の東京オリンピックではじめて通訳者として働きました。

(6)

その後、彼女は通訳としてのキャリアを追求し、日本でトップの通訳者の一人となりました。

通訳者は会議で幅広い語彙に対処する必要があります。

彼らは大抵準備を整えるために会議の前に原稿が渡されます。

長井は辞書で専門用語だけではなく、念のために簡単な単語も調べます。

それから、彼女は単語のための手描きのノートを作ります。

このような勤勉さが、彼女を今日の彼女にしました。

(7)

どうして彼女は毎回そのような慎重な準備をするのでしょうか?

それは、彼女が過去に悪い経験をしたことにあります。

一度だけ、彼女は十分な準備をしませんでした。

会議が終わったとき、彼女はもう来ないようにと言われました。

その後、彼女は全ての単語を注意深く調べることに重きを置きました。

長井の信念は、“勤勉で入念な準備は決して失敗しない”です。

pursue(動)~を追求する
career(名)仕事,職業
deal(名)取り扱い
vocabulary(名)語彙
manuscript(名)原稿
prepare(動)~を用意する
consult(動)~を調べる,意見を求める
technical(形)工業技術の
handwritten(形)手書きの
preparation(名)準備すること
belief(名)信じること
fail(動)失敗する,怠る

Part4

(8)

2011年3月に、特に東北地方で巨大地震が日本を襲いました。

東北生まれの長井は、そこの人々を助けるために何かしたかったのです。

国連調査団が福島を訪れたとき、彼女は浪江町の市長ために通訳をしました。

準備中、彼女は彼のスピーチの原稿を注意深く読みました。

彼女はスピーチの中で、“美しいふるさと浪江町”というフレーズを何度か見つけました。

しかし、彼女はそれに適した英語の翻訳を考えることができませんでした。

ふるさとの英語の単語はもちろん’故郷’ですが、彼女は何かが間違っていると感じました。

彼女はフレーズに最適な単語を見つけるのは非常に難しいと考え、彼女の選択は“私たちの家として、美しい浪江町”でした。

彼女は浪江の人々が彼らの故郷に対して持っている深い愛情を表現したかったのです。

(9)

彼女が英語だけでなく日本語も勉強していることを知ったらあなたは驚くかも知れません。

彼女は毎月、京都に行き若を学び、通訳で最高の言葉を使えるようにしています。

彼女は私たちにとって大和言葉は理解しやすいと信じています。

長井は知識と技術と供に、日本語と英語の間の壁を取り除きます。

さらに、彼女は言語を超えて人々をつなぎます。

これらの事実は彼女を特別な通訳者にします。

earthquake(名)地震
mayor(名)市長,村長
United Nations(名)国際連合
translation(名)翻訳
hometown(名)故郷
express(動)~を表現する
affection(名)愛情
knowledge(名)知識,学問
skill(名)技量,技術
remove(動)~を取り去る
barrier(名)防壁,障壁
connect(動)~をつなぐ,接続する
beyond(前)~の向こうに