All Aboard! II

All Aboard! II

Lesson1 “A Colorful Island”

A Colorful Islandを翻訳してみました。1春休みに家族とイタリアに行き、一人でブラーノ島を訪れました。ベネチアから水上バスで40分かかります。海風は塩辛かったですが、涼しかったです!到着して驚いたのは、家々がとてもカラフルだったことです。
All Aboard! II

Lesson2 “With the Beatles”

With the Beatlesを翻訳してみました。1D:サム、あなたのリクエストは?S:ビートルズの“In My Life”です。祖母へのプレゼントです。D:いいね!彼女はこの曲が好きなの?
All Aboard! II

Lesson3 “The Spirit of the Forest”

The Spirit of the Forestを翻訳してみました。ヤマネは日本で一匹で暮らす珍しい動物です。ヤマネは人間よりもずっと前にこの国に来ました。ヤマネは高い山の木に住んでいます。体長はおよそ8センチメートル、重さはたったの18グラムです。長い尻尾と短い脚をもっています。
All Aboard! II

Lesson4 “Little Hero”

Little Heroを翻訳してみました。1ハチドリは世界で最も小さな鳥です。小さいものでも5センチ、体重は2グラムしかありません。昆虫を食べることもあるが、主に花の蜜を食べます。そのためには空中を飛び続ける必要があります。そのため、花のそばでホバリングするために、羽を前後に素早く羽ばたかせる必要があります。
All Aboard! II

Lesson5 “Special Makeup in Kabuki”

Special Makeup in Kabukiを翻訳してみました。皆さん、こんにちは。歌舞伎クラスへようこそ。歌舞伎について何かご存知ですか?歌舞伎は江戸時代に生まれた日本の伝統的な演劇です。
All Aboard! II

Reading1 “Mujina”

Mujinaを翻訳してみました。東京には「紀伊国坂」という坂があります。斜面の片側には、深くて広い古代の堀が見えます。街灯の時代以前は、このエリアは日没後とても心細い場所でした。なぜそんなに心細いのでしょう?ムジナがそこを歩いていたからです。ある夜、商人が急いで坂を上っていました。
All Aboard! II

Lesson6 “Seeds for Future Generations”

Seeds for Future Generationsを翻訳してみました。1今日は、桂高校の京野菜部についてお話ししたいと思います。京野菜とは京都発祥の伝統野菜のことです。子供の頃から京野菜が好きで入部しました。京野菜は色鮮やかで、形もユニークで、味もおいしいです。
All Aboard! II

Lesson7 “Over the Wall”

Over the Wallを翻訳してみました。1子どもの頃から絵を描くのが好きだったので、高校では美術を専攻しました。しかし、同級生は私よりはるかに上手で、取り残されたような気がしました。自分を変えたくて、春休みにベルギーの親戚を訪ねました。現地の言語が話せず、孤独を感じました。
All Aboard! II

Lesson8 “Inspiration from Nature”

Inspiration from Natureを翻訳してみました。1今日は「自然から学ぶ」というテーマでお話ししたいと思います。スライドの車を見てください。何色でしょう?「青」という声が聞こえてきそうですね。青く見えますが、実はこの車には青い塗料は一切使われていません。
All Aboard! II

Lesson9 “The Bitter Truth behind Chocolate”

The Bitter Truth behind Chocolateを翻訳してみました。1 チョコレートを楽しむのは誰?世界中で多くの人がチョコレートの甘い味を楽しんでいます。特にヨーロッパ諸国では人気があります。しかし、チョコレートがどこから来るのか考えたことがあるでしょうか?チョコレートはカカオ豆から作られます。カカオ豆は主にコートジボワールやガーナの西アフリカの国々で栽培されています。
All Aboard! II

Lesson10 “Fighting Angel”

Fighting Angelを翻訳してみました。1フローレンス・ナイチンゲールは1820年、イギリスの裕福な家庭に生まれました。当時、女性は従順な妻として家にいることが期待されていました。しかし、彼女は自分の目で現実の社会を見たいと思っていました。20代前半の頃、彼女は貧しい人々や地元の病院をたびたび訪れました。
All Aboard! II

Reading2 “Bear’s Pie”

Bear's Pieを翻訳してみました。ホワイト夫妻は小さいながらも人気のあるレストランをずっと経営し、今夜は彼ら最後のレストラン経営です。リチャード:閉店の時間だよ、スーザン。スーザン:いいえ、まだよ、リチャード!まだ早いわ。リチャード:どうして?もう10時だよ。スーザン:待って!ボビーは今夜来ると言っていたの。きっと来るわよ。リチャード:来ないと思うよ。家を出て10年経つんだ。