Lesson9 “The Bitter Truth behind Chocolate”

1 チョコレートを楽しむのは誰?

世界中で多くの人がチョコレートの甘い味を楽しんでいます。

特にヨーロッパ諸国では人気があります。

しかし、チョコレートがどこから来るのか考えたことがあるでしょうか?

チョコレートはカカオ豆から作られます。

カカオ豆は主にコートジボワールやガーナの西アフリカの国々で栽培されています。

これらの国々のカカオ農家は毎日一生懸命働いています。

しかし、彼らのほとんどはチョコレートを食べたことがなく、その味を知りません。

particular(形)特にこの[その]
cacao(名)カカオの実 《熱帯アメリカ産のカカオの木の実; 主にココアとチョコレートの原料; cf. cocoa》
mostly(副)大部分は
grow(動)〈生物などが〉成長する,伸びる; 〈草木が〉生長する,生える,育つ,産する
African(形)アフリカの
Cote d’Ivoire(名)コートジボワール

2 カカオ農園では誰が働いているのでしょうか?

カカオ豆は安い価格で売られるため、西アフリカのカカオ農家はとても貧しいです。

また、カカオ豆はブローカーを通して企業に売られ、その代金の多くがブローカーに取られてしまいます。

そのため、多くの農家は子どもたちを学校に通わせることができません。

その代わり、子どもたちをカカオ農園で働かせることが多いです。

カカオ農園の子どもたちは一日中働いています。

カカオを詰めた20キロのカゴを頭からかぶるなど、重労働もあります。

Africa(名)アフリカ
broker(名)ブローカー,仲買人; (特に)株式仲買人
labor(名)労働,勤労
kilogram(名)キログラム

3 児童労働はどうすれば止められるのでしょうか?

日本のチョコレート会社の中には、西アフリカのカカオ農家と協力して良質なカカオ豆を栽培しているところがあります。

農家にチョコレートを食べさせて、カカオ豆がどうなるかを見せるのです。

そうすることで、カカオ農家は品質の良いカカオ豆を栽培するようになります。

カカオ豆の品質が上がれば、高く売れます。

その結果、農家はより多くの報酬を得ることができます。

そうなれば、彼らの子供たちはカカオ農園で働く必要がなくなり、代わりに教育を受けることができます。

collaborate(動)〈二人以上の人が〉共同して働く,協力[協同]する; 合作する,共同研究する
quality(名)質,資質,品質
further(副)なおそのうえに,さらにまた
motivate(動)〈…に〉動機[刺激]を与える,興味を起こさせる
education(名)(学校)教育

4 私たち消費者にできることは?

日本のチョコレート会社の中には、「ビーン・トゥ・バー」チョコレートを開発することでカカオ農家を支援しているところもあります。

彼らは農家から直接カカオ豆を購入し、チョコレートを作る全工程を組織しています。

このシステムはブローカーを必要としないので、農家は正当な対価を得ることができます。

私たち消費者は、ビーン・トゥ・バーのチョコレートを店やショップで見つけることができます。

ほとんどのパッケージには、カカオ豆の産地や、企業がどのように地元の農家と協力しているかが表示されています。

覚えておいてください: 私たちの賢明な選択が、貧しいカカオ農家とその子どもたちに変化をもたらすのです。

system(名)(政治・経済・社会などの)機構,制度
allow(動)可能にする
payment(名)支払い; 納入,払い込み
package(名)包み,小包,小荷物,パッケージ
wise(形)〈人・行動など〉賢い,賢明な,思慮深い,分別のある