Reading2 “Bear’s Pie”

ホワイト夫妻は小さいながらも人気のあるレストランをずっと経営し、今夜は彼ら最後のレストラン経営です。

リチャード:閉店の時間だよ、スーザン。

スーザン:いいえ、まだよ、リチャード!まだ早いわ。

リチャード:どうして?もう10時だよ。

スーザン:待って!ボビーは今夜来ると言っていたの。きっと来るわよ。

リチャード:来ないと思うよ。家を出て10年経つんだ。

スーザン:そうね、でも今夜は私たちにとって特別なのよ。

リチャード:彼からは何も聞いていないぞ。私たちのことを忘れたんだろう。

スーザン:そんなことはない!忘れるはずがない。

forgotten(動)forget の過去分詞 忘れる

ボビーはホワイト夫妻の一人息子です。

ボビーは歌手になりたかったのですが、ホワイト夫人はボビーにコックとしてレストランを継がせたかったのです。

ホワイト氏は、二人が激しく言い争った日のことを思い出していました。

ボビー:僕は歌手になりたいんだ。音楽が好きなんだ!

リチャード:(怒って)だめだ、お前は歌手にはなれない。このレストランを継ぐべきだ 。

ボビー:パパの気持ち、すごくわかるよ。僕もレストランは大好きだけど、自分の夢があるんだ!

リチャード:プロのミュージシャンなんて無理だ。こんなことは言いたくないが、お前の夢はただの夢で終わるだろう。

ホワイト氏はとても頑固でした。

しかし、ボビーは夢をあきらめきれず、ついに家を出てしまいました。

argue(動)〔人と〕〔…について〕論じ合う,議論する; 論争する,言い争う
fiercely(副)激しく,猛烈に; ひどく
angrily(副)怒って,憤って

今晩のレストランに戻りましょう。

ボビーの母親は、ボビーが今夜レストランに戻ってくると信じています。

スーザン:ほら、ボビーのためにベアーズパイを作ってきたのよ。彼はこのチェリーパイが大好きで、よく漫画の熊のようにパイ皿をきれいに舐めていたのよ。彼はそれをベアーズパイと名付けてさ。彼が家を出てから初めて作ったパイよ。

リチャード:さて、ボビーは現れないな。

その時、一人の女性がレストランに入ってきました。

女性:すみません、今夜ベアーズ・パイはありますか?

リチャード:(驚いて)ベアーズパイ?どうしてベアーズ・パイを知っているんですか?

女性:ボビーが世界で一番おいしいパイだって言っていたのです。はじめまして、ホワイト夫妻。私は彼の婚約者ヘレン・リグビーです。

cherry(名) サクランボ
lick(動)〈…を〉(舌で)なめる
fiancee(名)フィアンセ,婚約中の女性

エンディング例1

ヘレンは笑顔でボビーのことをホワイト夫妻に話します。

ヘレン:ボビーが今晩のコンサートを終えて、もうすぐここに来るの。

スーザン:あら、彼は歌手になったの?

ヘレン:ええ。プロのミュージシャンですよ。

リチャード:そうなんですか?それは知らなかった。

ヘレン:実は、彼が音楽の世界で生き残るのはとても大変でした。彼は数年間苦労しましたが、決して夢をあきらめませんでした。とにかく素晴らしい曲を作り、多くのファンを魅了しました。

スーザン:素晴らしい!彼は今でもベアーズ・パイを覚えているの?

ヘレン:彼は家を出てから一度もパイやあなたを忘れたことはありません。ベアーズパイほどおいしいパイは世界にないって言ってました!

(レストランのドアが開く音)

ボビー:今夜はベアーズパイはありますか?

スーザンとリチャード:ああ、ボビー!お帰り!

struggle(動)もがく,あがく,努力する

エンディング例2

ヘレンは笑顔でボビーのことをホワイト夫妻に話します。

ヘレン:ボビーがもうすぐここに来て、特別なパイを持って来てくれるわ

スーザン:特別なパイ?どんなパイ?

ヘレン:彼オリジナルのチェリーパイよ

リチャード:オリジナルのチェリーパイ?どういう意味ですか?

ヘレン:彼は何年か修行して、自分のパン屋を開いたのです。そして私たちが出会い、一緒にパン屋を始めたんです。今ではとても忙しく、そのパイは大人気です。

スーザン:素晴らしいニュースね!

ヘレン:実は、彼は自分のパイを “スーザンズ・パイ “と呼んでいるのです。あなたのレシピからヒントを得たんですよ、ホワイト婦人。

リチャード:ううん、我慢できないぞ!

(レストランのドアが開く音)

ボビー:ママ、パパ、この素晴らしいチェリーパイ食べてみない?

スーザンとリチャード:ああ、ボビー!お帰りなさい!

bakery(名)製パン所,パン屋; パン菓子[ケーキ]類製造[販売]店
fabulous(形) すばらしい,すてきな