Reading1 “Mujina”

東京には「紀伊国坂」という坂があります。

斜面の片側には、深くて広い古代の堀が見えます。

街灯の時代以前は、このエリアは日没後とても心細い場所でした。

なぜそんなに心細いのでしょう?

ムジナがそこを歩いていたからです。

ある夜、商人が急いで坂を上っていました。

彼は女性が堀のそばでしゃがんでいるのを見ました。

彼女は泣いていました。

商人は彼女が水に飛び込むと思いました。

彼は彼女と話すために立ち止まりました。

彼女は良い家族の若い女の子のようでした。

「すみません、お嬢さん。なぜ泣いているのですか?」 彼は言いました。

“どうしましたか?”

女性は泣き続けました。

彼女は長袖で顔を隠していました。

slope(名)坂,斜面
ancient(形)昔の,往古の; 古代の
moat(名)堀
era(名)時代,時期
streetlamp(名)街灯
lonesome(形)寂しい,心細い
sunset(名)日没,入り日
merchant(名)商人
crouch(動)かがむ,しゃがむ; うずくまる
weep(動)涙を流す,泣く
hide(動)〈…を〉隠す
sleeve(名)(衣服の)そで,たもと

「ああ、お嬢さん?」 彼は再び言いました。

「聞いてください。何か私にできることがあれば、教えてください。」

女性はゆっくりと起き上がったが、袖の後ろですすり泣き続けていました。

商人は彼女の肩に軽く手を置いて、「お嬢さん、聞いてください」と言いました。

それから女性は振り返り、袖を落とし、手で顔を撫でました。

商人は、彼女には目も鼻も口もないことに気づきました。

彼は悲鳴を上げて逃げました。

商人は紀伊国坂を駆け上がりました。

暗闇に囲まれ、彼は怖くて振り返ることができませんでした。

しばらくして、ついに彼は前方に提灯を見ました。

ホタルのかすかな光のようでした。

それは蕎麦屋台の提灯であることが判明しました。

商人はそば屋の足元に身を投げ出し、「あぁ!あぁ!あぁ!!」と叫びました。

ah(名)[喜び・悲しみ・驚き・苦痛・軽蔑・哀れみ・嘆きなどを表わして] ああ!, おお!
rise(動)立ち上がる
sob(動)すすり泣く,涙にむせぶ
lightly(副)軽く,そっと,静かに.
stroke(動)なでる,なでつける,さする
scream(動)叫び声をあげる
surround(動)囲っている,巡らしている
darkness(名)暗さ; 暗やみ
lantern(名)手さげランプ,角灯,カンテラ
ahead(副)前方に,前方へ
faint(形)かすかな,ほのかな
firefly(名)ホタル

「何が起こったんだい?”」そば屋は言いました。

「誰かがあなたにケガをさせました?」

「いや、誰も私をケガさせていません」と商人は激しく呼吸しながら言いました。

「怖いだけ?」 そば屋さんは落ち着いて言いました。

「強盗?」

「強盗ではない、強盗ではない」と商人は言いました。

「堀のそばで女性を見ました。彼女は私に見せてくれました……ああ!彼女が私に何を見せてくれたのかわからない!」

「ああ、なるほど。彼女があなたに見せたのは、このようなものでしたか?」 とそば売り手は顔を撫でながら言いました。

一瞬で、彼の顔は卵のようになりました。

そして同時に、明かりが消えました。

anybody(代)だれでも
nobody(代)だれ[一人]も…ない
breathe(動)息をする,呼吸する
heavily(副)ひどく,激しく
scare(動)怖がらせる,おびえさせる
calmly(副)静かに,穏やかに,冷静に
robber(名)泥棒,強盗
moment(名)瞬間