Lesson10 “The Wonders of Memory”

myway3-lesson10MY WAY III
https://tb.sanseido-publ.co.jp/wp-sanseido/wp-content/themes/sanseido/images/h-school/hs-english/29-mw-ec1/29MYWAY_C1_commentary_D3.pdf

1

人間の記憶の不思議はたくさんあります。

例えば、どうして私たちは過去に起こったことを覚えたり忘れたりするのでしょう。

どうして無作為な順番で物事を覚えることは難しいのでしょう。

どうして一夜で記憶した情報が簡単に消えてしまうのでしょう。

どうしていくらかの人々は他の人よりも良い記憶力を持ち、彼らが老いた時でさえも良い記憶力を持っているのでしょう。

2

“海馬”と呼ばれる脳の一部は情報を覚える鍵となります。

海馬は新しい情報が重要がそうでないかを決め、そしてそのときに情報を記憶するか忘れます。

何が情報の記憶に影響しているのでしょうか。

研究者は少なくとも5つの要因が知識を覚えるのに影響を与えると示します。

▽進出単語▽

memorize(動)~を暗記する,記憶する
brain(名)脳
hippocampus(名)海馬
encoding(動)~を符号化する
retention(名)記憶,維持
suggest(動)~を提案する,示す

3

最初に、もしあなたが何かによって驚かされたり、ショックを受けると、強い電気信号が海馬に送られ、その出来事が記憶に変わります。

それらの信号の数や長さが記憶の維持に影響を与えます。

そういうわけで、いくつかの驚きの出来事が普通の出来事よりも長くあなたの記憶としてとどまります。

同様に、もしあなたがとても何かに興味を持ったら、例えばバスケットボールで、あなたはチームや様々な試合の結果について詳細に覚えているかもしれません。

これは好奇心や強烈な集中が永続的な記憶に繋がることを暗に意味しています。

4

次に、もし新しい事実があなたがすでに知っている何かに関連していると、あなたの海馬はそれを覚えている可能性が高いです。

例えば、下の数字のセットであなたの記憶をテストしましょう。

数字のセットを左から右に記憶してください。

それらを覚えるのは難しいですか?

もしあなたがすでに持っている知識にその数字をつなげれば、あなたはそのセットをより早く覚えるでしょう。

その数字のパターンをもう一度見て下さい。

もしパターンを見つけられなければ、他の全ての数字を見て下さい。

パターンを見つけましたか?

1組の上がっていくの奇数と1組の下がっていくの偶数を記憶することは、おそらくランダムな順序で10個の数字を記憶することよりも簡単です。

この方法で情報を記憶することはあなたがすでに持っている知識に関係しています。

▽進出単語▽

electric(形)電気の
signal(名)合図
happening(名)出来事,事件
likely(形)ありそうな
outcome(名)結果
implies(動)~であると暗示する
intense(形)強烈な
lasting(形)永続的な
pattern(名)傾向,型
ascend(動)登る,上がる
odd(形)奇妙な
descend(動)降りる,下る
seemingly(副)一見

5

3つめに、海馬は繰り返される情報を重要だと見なしています。

ほとんどの情報は数日から1ヶ月間脳内にとどまります。

その期間の後、情報はしばしば捨てられます。

もしあなたが何かをよく覚えたままでいたかったら、この期間の間に同じ情報を二回、またはそれ以上見直すべきです。

新しい情報に一度出会うだけで特に驚かないのは、十分ではありません。

6

4つ目は、あなたは海馬が記憶を蓄えたり、整えるために睡眠をとる必要があります。

もしあなたが明日テストが有り、その準備ができてないと思うなら、あなたは何をするでしょうか。

あなたは一晩中起きたままいくつかのテストの事実を記憶しようとするかも知れません。

結果はどうでしょうか。

もしあなたがテストでうまくいかなかったら、それは驚くことではありません。

実際、研究によると、記憶は私たちが寝ている間に蓄えられ、整理されることが明らかになっています。

こういうわけで、一夜漬けはとても役に立ちません。

テスト前の夜に良い休息を得ることは一晩中勉強するよりも有益なのかも知れません。

▽進出単語▽

repeated(形)繰り返して行われる
discard(動)~を捨てる
review(名)見直し
encounter(動)~に遭遇する
arrange(動)~を取り決める,整える
poorly(副)不完全に
cram(動)~をぎっしり詰める

7

最後に、海馬は習慣で成長します。

ロンドンのタクシードライバーの海馬の大きさについて興味深い発見があります。

ロンドンでタクシードライバーになるために、志願者はロンドンの中心で見られる24,000を超える道や建物の名前や場所を記憶しなければなりません。

ある科学者は16人のドライバーの海馬の大きさを測りました。

ドライバーは普通の人々よりも多くの記憶細胞を持っていることがわかりました。

特に興味深いのは、30年の経験がある一人のドライバーの海馬が3%成長していたという事実です。

8

人々の中には記憶力が悪いと考える人もいるかも知れません。

しかし、心配しないで下さい。試したり、間違ったり失敗をして学ぶことは間違っていません。

そのような方法で普通私たちは新しいことを学んでいます。

あなたがたくさん脳を使うだけで、あなたが生きている限り海馬は発展し続けるでしょう。

▽進出単語▽

licensed(形)運転免許を持っている
applicant(名)志願者
landmark(名)目印となるもの,歴史的な建物
particular(形)特定の
trial(名)試し,試み
error(名)誤り,間違い