Lesson3 “Australia and its Creatures”

creature(名)生き物; (特に)動物

1

オーストラリアの植物や動物はおそらく地球上で出会う可能性のある、異星人の生態に最も近いでしょう。

彼らを最初に調査した博物学者たちは、見つけたものに驚きました。

そこにいる白鳥は黒く、哺乳類の中には、卵を産むものが発見されました。

それは本当にさかさまの世界で、たくさんの大きな動物がジャンプし、毎年木々は葉よりも樹皮が落ち、“ナシ”は木からできていました。

alien(形)外国の
life-form(名)生活型
encounter(動)〈人に〉(偶然)出会う,出くわす
naturalist(名)博物学者
investigate(動)〈…を〉調査する,捜査する,取り調べる,研究する
astonish(動)〈人を〉ひどく驚かす,びっくりさせる
swan(名)ハクチョウ,スワン
mammal(名)哺乳動物
upside-down(形)逆さまの,転倒した
hop(動)ひょいと跳ぶ
shed(動)〈動・植物が〉〈葉・角(つの)・皮・毛・羽などを〉(自然に)落とす,脱ぎ[生え]かえる
bark(名)樹皮
rather(副)〈…より〉むしろ
pear(名)セイヨウナシ(の実), ペア

2

オーストラリアは少なくとも4500万年の間ほかの大陸から分離していました。

この点で、オーストラリアはほかの大陸と明らかに異なり、ほかの大陸は自然の陸の橋によって異なる時期にさまざまな種が交流することができました。

オーストラリアの植物と動物は独自に分かれ、独特な進化の道のりをたどりました。

これがオーストラリアが世界で最も珍しい自然環境をもつ理由の一つです。

species(名)(動植物分類上の)種(しゆ)
link(動)つなぐ,連接する,結合する
evolutionary(形)進化(論)的な

3

オーストラリアの動物を独特にすることに貢献した二つの重要な要因があります。

一つは土壌で、これはどの大陸でも生命を形作る基礎です。

オーストラリアでは新しい土壌がつくられなかったため、その地は古く、やせてしまいました。

もう一つはオーストラリアの気候です。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象はオーストラリアの洪水と干ばつのサイクルをもたらします。

例えば、ある年では幅が1キロの川が翌年でまたぐことができる程度に、極限まで小さくなることもあります。

soil(名)土,土壌
fundamental(形)基本の,基礎の,根源の,根本的な
infertile(形)〈土地が〉豊かでない,不毛の
El Nino(名)エルニーニョ(現象)
La Nina(名)ラニーニャ現象
cycle(名)(季節・事件などの)ひと回り
drought(名)干ばつ,日照り,水がれ
extent(名)程度,限度

4

オーストラリアの厳しい状況がいくつかの種に異常な習慣をもたらし、それが彼らをうまく適応させました。

知っての通り、オーストラリアはカンガルーやほかの有袋類の生息地として有名です。

野生動物公園を訪れると、あなたはそれらの動物が夜に出てくることを発見するでしょう。

彼らは空気が涼しく、動きが少ないエネルギーですむときに活発になります。

実際、有袋類は体のエネルギーがとても経済的であるため、ほかの同じ大きさの哺乳類よりも5分の1も少ない食料で十分です。

extraordinary(形)異常な,風変わりな,とっぴな
kangaroo(名)カンガルー
marsupial(名)有袋(ゆうたい)目の哺乳動物
wildlife(名)野生生物
active(形)活動的な,活発な,敏活な
economical(形)経済的な,節約的な,節約の

5

世界の大型哺乳類の中で、なぜカンガルーだけがジャンプするのか不思議に思ったことはありませんか?

中速で移動するには、飛び回るほうが最も効率的な方法であることがわかります。

跳ね返りのエネルギーは足の腱にたまり、腸がピストンのように上下にはね、胸の筋肉を活発にする必要なく肺を空にし、満たします。

あなたが少し食べ物を見つけるために長い距離を旅する時、そのような効率が必ず必要です。

なぜコアラが長時間眠るのか不思議に思ったこともありませんか?

これは基本的に経済的な理由のためです。

睡眠ではとても少しのエネルギーしか必要としないため、目を一日平均16~20時間閉じることで、彼らはエネルギーを節約することができます。

wonder(動)不思議に思う,驚く
alone(形)ただひとりで,孤独で
efficient(形)能率的な,効率のいい
medium(形) 中位[中等,中間]の; 並の
tendon(名)腱(けん)
intestine(名)腸
piston(名)ピストン
empty(形)中身のない,空(から)の
lung(名)肺
feed(動)〈人が〉食事をする
efficiency(名)能率(的なこと)
must(助)[必要を表わして] …ねばならない
koala(名)コアラ
basically(副)基本原理として; 基本的に
shut(動)閉める,閉じる

6

もしオーストラリアを短期間訪れているとき、環境の豊かさを経験するために遠くまで行く必要はありません。

比較的簡単にアクセスできるシドニーのような場所でさえ、元の環境の驚くべき断片を保っています。

オーストラリアで自然がどのように働くのかについて基本を理解することには価値があります。

オーストラリアのような場所はどこにもないので、これは大切です。

一度その起源や自然のリズムを知ると、その場所をの価値をとても認めるでしょう。

Sydney(名)シドニー
fragment(名)破片,断片,かけら
relatively(副)相対的に; 比較的(に), 割合に
access(名)場所・人などへの〕接近,立ち入り,出入り
worthwhile(形)時間と労力をかけるだけの値打ちのある,やりがいのある
basic(形)基礎の,基本的な
operate(動)働く,仕事をする
origin(名)起源,発端; 源泉,源
rhythm(名)リズム,律動