Reading2 “Alone”

“一人きりに?”ガマ君は言いました。

“カエル君は友達の僕がいる。どうして一人になりたいんだ?”

ガマ君は窓の外を見ました。

彼は庭を見ました。

カエル君を見ることはありませんでした。

ガマ君は森へ行きました。

カエル君はそこにはいませんでした。

彼は牧場に行きました。

カエル君はそこにはいませんでした。

ガマ君は川へ下りました。

そこにはカエル君がいました。

彼は一人で島に座っていました。

“かわいそうなカエル君”ガマ君は言いました。

“彼はとても悲しいことがあったに違いない。元気づけてあげよう”

ガマ君は家に走りました。

彼はサンドウィッチを作りました。

彼はアイスティーを作りました。

彼はすべてバスケットに入れました。

ガマ君は川へ急いで戻りました。

“カエル君、僕だよ。君の親友のガマだよ!”と叫びました。

カエル君はガマ君が聞こえませんでした。

カエル君は彼から遠すぎました。

ガマ君はジャケットを脱ぎ、旗のように振りました。

カエル君はガマ君が見えませんでした。

カエル君は彼から遠すぎました。

ガマ君は叫びながら振りましたが、役に立ちませんでした。

カエル君はまだ島に座っていました。

彼はガマ君が見えず、聞こえませんでした。

カメが泳いでいました。

ガマ君はカメの背中に上りました。

“カメさん、私をあの島に運んでください。カエル君がいるんです。彼は一人になりたがっている。”ガマ君は言いました。

カエル君はガマ君を島に引き上げました。

ガマ君はバスケットの中を見ました。

サンドウィッチは濡れていました。

ピッチャーのアイスティーは空っぽでした。

“昼食を食べられない!とても濡れてる。”とガマ君は言いました。

“私はあなたを元気づけたいんだカエル君、だから私はあなたにこれを作りました。”

“でもガマ君”とカエル君は言いました。

“私は幸せです。とても幸せです。今朝起きたら太陽が輝いていて素晴らしいと感じました。私はカエルだったことに素晴らしいと感じました。また、あなたが友達であることに素晴らしいと感じました。私は一人になりたかった。私は考えたかった!すべてが素晴らしく、私はとても幸運です。”

“おお”ガマ君は言いました。

“だからあなたは一人になりたかった。とてもいい理由だと思います。”

“今”カエル君は言いました。

“私は一人じゃないことことがうれしいです。昼食を食べましょう。”

カエル君とガマ君は午後、島にとどまっていました。

彼らはアイスティー無しで濡れたサンドウィッチを食べました。

彼らは二人の親しい友人と一緒に一人で座っていました。

toad(名)ヒキガエル,ガマ
frog(名)カエル
meadow(名) 牧草地用の土地
cheer(動)元気づける; 励ます,激励する
pitcher(名)水差し
iced(形)氷詰めの; 氷で冷やした
basket(名)かご,バスケット,ざる
wave(動)を振って合図する
flag(名)旗
turtle(名) カメ
pull(動)引っぱっていく,牽引する
onto(前)…の上へ
empty(形)中身のない,空(から)の
shine(動)光る,輝く,照る