LESSON1 “Enjoy Your Journey!”

Part1

ようこそ!

あなたは今人生の新しいステージにいます。

何がしたいですか?

多くの方がこの問いに簡単には答えられないかもしれません。

「思いつきません」と返す人もいるでしょう。

あまり深刻にその問いを受け取らないでください。

身近なものから始めましょう。

例えば、「友達を沢山つくる」、「スポーツチームのレギュラーになる」、「ギターに弾き方を学ぶ」、「一日5つの英単語を学ぶ」ことに挑戦してみてはいかがでしょう。

ほらね?

多くのすることが見つけられます。

どうやってそれらを達成するのかわからないというかもしれませんね。

さて、そんな場合、4つのアドバイスがあります。

aboard(副) 船[飛行機,列車,バス]に(乗って)
reply(動)答える,返事をする,応答する,答弁する
seriously(副)まじめに; 本気で
familiar(形)よく知っている,見[聞き]慣れている; ありふれた
regular(名)正規の選手,レギュラー
achieve(動)〈仕事・目的などを〉成し遂げる

Part2

まず、はっきりとした目標のイメージを持つべきです。

その時にそれを成し遂げるよい機会が得られるでしょう。

フィギュアスケートの羽生結弦を知っていますか?

彼は子供の時、オリンピックで金メダルを取りたいと言いました。

19歳の時彼はこの目標を達成しました。

結弦のように、成功するアスリートは、達成したい目標を鮮明にイメージしている傾向があります。

次に、自分の目標を宣言してください。

そうすることで、簡単に諦められなくなり、また、ほかの人からの助けも得られるかもしれません。

よい一例があります。

ある女子高生が「5カ月間、毎日自分のためにお弁当を作る」という目標を宣言しました。

弁当を作るために彼女は朝5時に起きる必要がありました。

彼女があきらめそうでも、彼女の両親や友達が支援してくれました。

ついに、彼女は目標を達成しました。

image(動)〈…を〉心に描く,想像する
skater(名)スケートをする人,スケーター
medal(名)メダル; 勲章; 記章
successful(形)成功した,好結果の,上出来の; 〈興行など〉大当たりの; 〈パーティーなど〉盛大な
athlete(名)スポーツマン; 運動選手
tend(動)〈…する〉傾向がある,〈…し〉がちである
vivid(形)〈色・映像など〉明るい,鮮明な,強烈な,目の覚めるような
declare(動)〈…を〉宣言する,布告する,公表する
eventually(副)結局は,ついに(は); やがて(は)

Part3

目標の達成がとても難しい時はどうするべきでしょう?

3つ目のアドバイスは目標に向かって小さな一歩を歩むことです。

南谷真鈴の話をしましょう。

真鈴が高校生の時、彼女はエベレストをのぼることを目標にしました。

高い山を登る経験が彼女にはほとんどないため、彼女にとって究極の目標でした。

しかし、彼女はあきらめず、小さな一歩を進めました。

彼女は毎日厳しいトレーニングを積み、クライミングの能力を向上させました。

また、自分でスポンサーを探し、資金を集めて現地に赴きました。

そして、19歳のとき、ついにエベレストの頂上に到達したのです。

toward(前)…のほうへ(の), …に向かって
Everest(名)エベレスト山
extreme(形)極度の,非常な
ability(名)能力,技量; 力量
sponsor(名)発起人,後援者

Part4

最後のアドバイスは、目標に向かう歩みを楽しむことです。

歩みの中には困難なこともあるかもしれません。

それを乗り越えるには、多くの時間とエネルギーが必要です。

しかし、真鈴は「避けていては何も始まらない。がんばってください!」と言っています。

困難から逃げるのではなく、小さな一歩を、そして目標に向かう道のりを楽しんでください。

疲れたら、休んでください。

それは決して無駄なことではありません。

それでは、ボン・ボヤージュ!

旅を存分に楽しんでください!

overcome(動)〈敵・悪癖・困難などに〉打ち勝つ,〈…を〉負かす; 〈…を〉征服する
require(動)〈あることを〉必要とする
avoid(動)避ける,よける,回避する
nowhere(副)どこにも…ない