Lesson10 “Living in an E-Society -The Pros and Cons”

Topic1

eスポーツクラブの長所と短所

エイミー:私たちの学校でeスポーツクラブを作りたいという生徒がいると聞いたわ。このアイデアについてどう思う?

ユイ:そうね、eスポーツクラブを作るのはいいと思うわ。まず、皆さんはeスポーツを単なるオンラインゲームだと考えているかもしれませんが、実はスポーツなんです。実際、英語の “sport “という単語は、ビリヤードや釣り、チェスなど幅広い活動をカバーしています。だから、eスポーツクラブも部活に含めるべきなのです。私の言いたいことはわかりますか?

エイミー:ええ、言いたいことはわかりました。他に理由はありますか?

ユイ:はい。インターネットさえあれば、誰でもeスポーツを楽しむことができるし、世界中の人と友達になれます。また、バーチャルリアリティ技術によって、身体障がい者もスポーツをすることができます。これは確実にスポーツのアクセシビリティを促進します。素晴らしいと思いませんか?

タク:eスポーツの利点は理解できますが、学校にesportsクラブは必要ないと思います。まず、選手が健康上の問題を抱える可能性があります。例えば、eスポーツの練習を長時間続けると、視力が低下する可能性があります。また、コンピュータの前に何時間も座っていると、運動する時間が減り、健康にも良くないです。そう思いませんか?

エイミー:確かに、本当にそうなるかもしれないわね。続けてください。

タク:依存症も懸念されます。明けても暮れても集中的にゲームを練習することで、一部のeスポーツ選手はコンピューターゲーム中毒になる可能性があります。その結果、睡眠障害になったり、学校に遅刻したりすることもあります。私は学校にeスポーツクラブを作ることには反対です。生徒にとって危険すぎます。私の言っている意味がわかりますか?

エイミー:はい。ユイさん、タクさん、ありがとうございました。あなたたちの意見は非常に説得力があります。特に、ユイさんのアイデアには感心しました。彼女によるとヴァーチャル・リアリティの技術によって、身体障害者もスポーツを楽しむことができるということです。アクセシビリティはeスポーツの大きなメリットだと思います。タクもeスポーツの危険性を指摘していたのが印象的でした。では、議論を続けよう。

e-society(名)e社会
pro(名)賛成(論)
con(副)反対して
esports(名)eスポーツ
range(動)(…の)範囲にわたる,及ぶ
billiards(名)ビリヤード,玉突き
chess(名)チェス
available(形)(すぐに)利用できる; 入手できる,得られる
virtual(形)仮想の,バーチャルな
reality(名) 現実(性), 真実性; 実在
enable(動)可能にする、有効にする
accessibility(名)接近できること,近づきやすさ
eyesight(名)視力; 見ること
addiction(名)ふけること,常用癖,専心
concern(動)〈ことが〉〈…に〉関係している,関係をもつ; 〈…に〉かかわる,重要である,〈…の〉利害に関係する
intensively(副)集中的に,徹底的に
addict(動)〈人に〉〔麻薬などを〕常習させる,中毒させる; 〈人を〉〔…に〕ふけらせる
disorder(名)(心身機能の)不調,障害; (軽い)病気
persuasive(形)説得力のある,口のうまい

Topic2

電子書籍と印刷された本の比較

リョウ:今、本を買おうと思っているんだ。電子書籍と印刷された本、どちらを買うべきか悩んでいます。どちらがおすすめですか?

モエ:そうですね、電子書籍をおすすめします。理由は2つあります。まず、電子書籍は持ち運びが簡単です。スリムな電子書籍リーダー1台で、一度に何百冊もの本を持ち運ぶことができます。タブレットやスマートフォンなどの端末はとても薄くて軽いです。さらに、本を収納するための本棚が必要ないので、部屋のスペースを節約できます。

リョウ:おっしゃる通りです。すばらしい機能ですね。

モエ:2つ目は、電子書籍には便利な機能があります。例えば、拡大・縮小して文字の大きさを変えることができます。だから、もしあなたが小さい文字を読むのが苦手なら電子書籍の方がいいと思います。さらに、検索機能を使えば、欲しい情報をすぐに見つけることができます。

ジェフ:私の考えでは、印刷された本を買うべきだと思います。理由のひとつは、読むのが簡単だからです。読むのに機器も電源もいりません。だから、いつでもどこでも本を楽しむことができます。それに、印刷された本を読むために複雑な説明書を参照する必要もないです。

リョウ:いいこと言うね。他にも理由はありますか?

ジェフ:そうだね。もうひとつの理由は、印刷された本は本全体を楽しむことができるからです。印刷された本にはそれぞれのデザイン、サイズ、質感があります。それらはすべて、本そのものの重要な要素です。本を読むということは、単に文字を読むことではなく、一つの作品を味わうことだと思います。本を十分に味わうためには、印刷された本を選ぶべきです。

リョウ: なるほど、ご意見ありがとうございます。どちらの本にもそれぞれの良さがあるようですね。でも今回は、ジェフの「シンプルである」という意見に説得力があったので、印刷された本を選びたいと思います。また、本は作品として楽しむべきという考え方も面白いと思います。とはいえ、電子書籍に魅力的な機能があるという点では、モエさんの意見に賛成です。今度、電子書籍に挑戦してみようと思います。

print(動)〈本などを〉印刷する,印刷して出版する
device(名)装置,考案物,からくり
tablet(名)タブレット
smartphone(名)スマートフォン, 多機能携帯電話
bookshelf(名)書棚,本棚
zoom(動)(カメラが)画像を拡大する;〈被写体を〉すばやくクローズアップにする
font(名) フォント 《同一の大きさ,同一書体の活字のひとそろい》
anytime(副)いつでも,どんな時でも; 常に
besides(前)…のほかに(も)
texture(名)組織,構造
element(名)(全体の中での必要な)要素,成分,構成部分
simpleness(名)簡素さ; 簡易さ