Lesson3 “iPS Cells”

myway3-lesson3MY WAY III
https://tb.sanseido-publ.co.jp/wp-sanseido/wp-content/themes/sanseido/images/h-school/hs-english/29-mw-ec1/29MYWAY_C1_commentary_D3.pdf

1

iPS細胞は、けがや病気を治療する手助けをするために作られた人工多能性幹細胞です。

山中伸弥は世界で最初にそれらの生産に成功しました。

この発見は重要な科学的進歩でした。

そのため、彼は2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

2

理論上、iPS細胞は身体のどのタイプの細胞にも成長することができます。

それは、それらの細胞は今日の医学技術で治すことのできない組織に取って代わる事ができるという希望なのです。

例えば、目の機能が良くない人たちはiPS細胞から作られた組織で視力が回復するかも知れないのです。

また、背骨の神経を損傷したために歩くことができない人たちもいます。

iPS細胞は新しい神経細胞になることができるかも知れないのです。

これはそれらの回復の鍵になる可能性があります。

その上、将来iPS細胞からすべての臓器を作り出すことが可能になるかも知れません。

これは簡単に臓器移植をできるでしょう。

別の人から臓器を移植するよりも自分自身の細胞から作り出した臓器を使う方がより安全になります。

▽進出単語▽

cell(名)細胞
pluripotent(形)多能性の
stem(名)幹
cure(動)~を治療する
injuries(名)傷害,負傷
scientific(形)科学の
advancement(名)進歩,向上
physiology(名)生理学
theoretically(副)理論上は
tissue(名)組織
eyesight(名)視力,視界
nerve(名)神経
spine(名)背骨,脊柱
recovery(名)回復,復興
moreover(副)その上
organ(名)臓器,器官

3

あなたが知っているように、人間の身体は様々な種類の細胞で構成しています。

私たちの身体はたった一つの受精した卵細胞から発達します。

その細胞は分裂し続け、その結果人間の身体は約60兆個の細胞から成ります。

分裂の早い段階の間、それぞれの細胞は身体のどの部分にもなることができます。

遅い段階では、すべての細胞はいくつか挙げると、皮膚や髪、骨を作り出すある機能をします。

一度細胞が機能を持つと、それらは異なったタイプの組織や臓器を作ることに使われることはできません。

4

しかし、2006年に、山中教授は細胞を初期の段階に戻し、細胞を変える方法を作りました。

彼は皮膚の細胞をiPS細胞に変えることができる4つの遺伝子を発見しました。

それは革命的な発見でした。

5

現実世界でそれらの可能性を完全に適用する前に克服するためのいくつかの問題がまだあります。

しかし、iPS細胞は将来確実に私たちに医療の奇跡を与えるでしょう。

▽進出単語▽

transplant(動)~を移植する
fertilize(動)~を受精させる
divide(動)~を分ける
trillion(名)1兆
division(名)分割,分裂
skin(名)皮膚
initial(形)最初の
state(名)状態
revolutionary(形)革命の
potential(形)可能性を秘めた
surely(副)確かに,きっと
miracle(名)奇跡