Reading2 “Rules are Rules?”

MY WAY III
https://tb.sanseido-publ.co.jp/wp-sanseido/wp-content/themes/sanseido/images/h-school/hs-english/29-mw-ec1/29MYWAY_C1_commentary_D3.pdf

インターアーバン電車会社の代理人であるマイクフラナリーは、ウェストコートにある会社のデスクに寄りかかり、机をたたきました。

怒りで赤くなったモアハウス氏はデスクの反対に立ち、怒りで震えていました。

議論は長く、白熱しました。

最終的に、モアハウス氏は言葉を失いました。

トラブルの原因は二人の間にあるデスクの上にありました。

それは二匹のモルモットが入った箱でした。

フラナリーは“好きにしてください!”と叫びました。

彼らのためにお金を払い、連れて行ってください。それかお金を払わないで彼らを置いていってください。ルールはルールですよ、モアハウス氏。マイクフラナリーはルールを破るつもりはありませんよ。”

モアハウス氏は“何について話しているんだ?”と叫び、代理人の鼻の下で薄い本を猛烈に振り回しました。

“あなたは自分の持ってる輸送料金の本を読むことができないのですか?

‘ペット、国内品、フランクリンからウェストコートまで、もししっかり箱詰めされていれば、それぞれ25セントです’と。”

彼は本を机に投げました。

“あなたはこれ以上何が欲しいの?ペット?国内品?正しい梱包?何?”

彼は振り返って素早く後ろに歩き、顔を激しく見ました。

”ペット”と彼は言いました。

“ぺ・ッ・ト!それぞれ25セント。25の2倍は50!分かる?私は50セントを要求します。”

フラナリーはその本に手を伸ばしました。

彼はページをめくり、64ページで止めました。

“私は50セントを受け入れません”と彼は不快な声でささやきました。

“ここにルールがあります。代理人は1つの出荷品に対して2つの料金について支払うべきか疑わしいとき、より高いほうを請求します。出荷品を受け取った人は積みすぎ分の請求をされるかもしれません。’

モアハウス氏、私はこの場合を疑います。

それらの動物はペットかもしれません。

そしてそれらは国内品かもしれません。

そして、私は彼らを豚だと確信しています。

そしてこのルールブックは‘フランクリンからウェストコートまで豚はそれぞれ30セントです。’”

モアハウス氏は遠慮なく首を振りました。

“ばかげている!”と彼は叫びました。

“完全にばかげていると言います!その規則の意味は通常の豚のことを意味し、モルモットのことではない!”

“豚は豚”とフラナリーはゆるぎなく言いました。

モアハウス氏は唇をかみ、腕を激しく動かしました。

“結構!”と彼は叫びました。

“あなたはこのことを聞くでしょう!あなたの社長はこのことを聞くでしょう!それは怒らせます!私はあなたに50セントを申し出ました。あなたはそれを断ります。あなたが50セントを受け取る用意ができるまで豚をそのままにしなさい。しかし、もし豚の頭の毛が一本でも傷つけられたら、私は法を持ち出します!”

彼は振り返り、ドアをバタンと閉め出ていきました。

フラナリーは箱をデスクから注意して運び、隅に置きました。

モアハウス氏は運送会社の社長にすぐ手紙を書きました。

社長はモアハウス氏に、積みすぎのすべての請求はクレーム部門に送るべきだと伝えました。

モアハウス氏はクレーム部門に手紙を書きました。

1週間後、答えを受けました。

クレーム部門はウェストコートの代理人とその問題について話し合ったといいました。

代理人はモアハウス氏が、彼に出荷された2匹のモルモットの受け入れを拒否したと述べました。

よって同局は、モアハウス氏はその会社に対して請求しておらず、関税局に手紙を書くべきだといいました。

モアハウス氏は関税局に手紙を書きました。

彼は自分の主張を明確に主張を述べました。

関税局の社長はモアハウス氏の手紙を読みました。

“え!モルモット”と彼は言いました。

“多分この時間によって餓死してるでしょう”

彼は代理人に手紙を送り、なぜ出荷が延期されたのか尋ねました。

また、彼はモルモットがまだ健康かどうか知りたかったのです。

回答をする前に、代理人フラナリーは彼の報告が最新のものであることを確認したかった。

そのため彼はオフィスの裏手に戻り、ケージの中を見ました。

ああ!

そこにはそのうち8匹のモルモットがいました!

そのすべてが順調でカバのように食べていました。

彼は事務所に戻り、豚について規則が言っていることを関税局長に説明しました。

そして、フラナリーはモルモットの状態はすべて良いと言いました。

しかし、現在8匹いてすべてが食欲旺盛です。

局長がフラナリーの手紙を読んだとき、笑いました。

彼はもう一度手紙を読み、深刻になりました。

“どうしよう!”と彼は言いました。

“フラナリーは正しい。豚は豚です。これについて正式に確認する必要があります。”

彼は会社の社長と話をしました。

社長はその問題を軽く見ていました。

“豚とペットの料金はいくらですか?”と彼は尋ねました。

“豚は30セント、ペットは25セント”と関税局長は答えました。

“もちろんモルモットは豚です。”と社長は言いました。

“はい”と関税局長も同意しました。

“私もそのように見ています。2つの料金に該当する可能性があるのは、当然高い料金で請求されます。しかし、モルモットは豚ですか?ウサギではないのですか?”

“考えてみてください”と社長は言いました。

“私は彼らがウサギのようであると思います。豚とウサギの中間の種類です。

私はこの問題はモルモットは国内の豚の家族なのかだと思います。

私はゴードン教授に尋ねようと思います。

彼はそのような考えについての専門家です。”

社長はゴードン教授に手紙を書きました。

残念なことに、教授は動物学のサンプルを集めに南アフリカにいました。

教授の妻は彼に手紙を送りました。

教授はアンデスにいました。

その手紙は彼に届くのに何か月もかかりました。

やがて社長はそのモルモットを忘れました。

関税局長は彼らを忘れていました。

モアハウス氏は彼らを忘れていました。

しかし、代理人のフラナリーは忘れませんでした。

モルモットは32匹に増えていました。

フラナリーは関税局長に彼らに何をすべきか尋ねました。

“その豚を売ってはいけません”と代理人のフラナリーは話しました。

“彼らはあなたの財産では有りません。このケースが解決するまで彼らを世話します。”

モルモットにはさらに部屋が必要でした。

フラナリーはオフィスの裏に彼らのために大きく風通しの良い部屋を作りました。

数か月後、彼は現在160匹のモルモットを飼っていることがわかりました。

彼は自分を失っていました。

この間もなく、運送会社の社長はゴードン教授から話を聞きました。

それは長くて学問的な手紙でした。

手紙はモルモットが普通の豚とは関係ないことを指摘していました。

社長はその後、関税局長にモルモットは豚ではなくペットとして25セントしか請求されないと話しました。

関税局は代理人のフラナリーに、モアハウス氏に160匹のモルモットを連れていき、それぞれ25セントを集めるように伝えました。

代理人のフラナリーが戻りました。

“私は今800匹飼っています。彼らにえさを与えるためにキャベツを集めましょうか?”

多くの手紙が行き交いしました。

フラナリーはオフィスの数フィート先の最前部に押し込まれました。

モルモットは残りの部屋すべてをもらいました。

手紙が行き交いする間、時間は進み続けました。

フラナリーは現在4064匹のモルモットを飼っています。

彼は自分自身のコントロールを失い始めていました。

その後、彼は会社から“モルモットの請求の間違い。2匹のモルモットのために50セントの収集。”という電報を受けました。

フラナリーはモアハウス氏の家まで走りました。

しかし、モアハウス氏は引っ越していました。

フラナリーは町で彼を探しましたが、見つけることはできませんでした。

彼は運送会社に戻り、そこで彼が会社を離れている間に206匹のモルモットが生まれたことに気づきました。

ようやく、彼は本社からの緊急の電報を受け取りました。

“豚をフランクリンにある本社に送りなさい。”

フラナリーはそうしました。

すぐに別の電報が入りました。

“豚を送るのをやめてなさい。倉庫がいっぱいです。”

しかし彼はモルモットたちを送り続けました。

代理人のフラナリーはようやくモルモットから解放されました。

“ルールはルールかもしれません”と彼は言い、“しかし、フラナリーがこの運送会社を運営している限り、豚はペット、牛はペット、馬はペット、ライオンやトラ、ロッキー山脈のヤギはペットです。そしてそれらの金額は25セントです。”

それから彼は周りを見渡して元気に言いました。

“とにかく、いずれにせよモルモットは悪くなかったかもしれない。もしそれらのモルモットが象だったらどうだろうか?”