Lesson1 “Narrow Boats in Britain”

myway3-lesson1MY WAY III
https://tb.sanseido-publ.co.jp/wp-sanseido/wp-content/themes/sanseido/images/h-school/hs-english/29-mw-ec1/29MYWAY_C1_commentary_D3.pdf

1

あなたはイギリスのナローボートについて何か知っていますか。

それらのボートはイギリスの運河で見られます。

そのボートは本当に狭く、幅が約2メートルです。

しかしそれらは十分に長く、寝室やキッチン、トイレがあります。

ナローボートはまるでキャンピングカーの様です。

人々はその上で続けて一週間生活ができます。

近頃ではだんだん人々は休暇をナローボートで過ごしています。

約27,000のボートが休暇の使用のためにイギリスの運河に登録されています。

その数はナローボートの歴史の中で最も多いです。

2

私たちは産業革命の始まりにそのボートの起源を見つけ出すことができます。

18世紀半ばに、イギリスの人々はイギリスの島の至る所にたくさんの運河を建設しました。

その運河は狭く、ボートも狭くしなければいけませんでした。

ボートは石炭や鉄、鋼鉄の輸送に使われていました。

その当時ボートはエンジンがなかったため、馬や人は岸に沿ってボートを引いていました。

鉄道がありふれるようになった後、ナローボートは流行が過ぎ、忘れられてしまいました。

▽進出単語▽

canal(名)運河
truly(副)本当に
bedroom(名)寝室
leisure(名)余暇
trace(動)~を見つけ出す
beginning(動)~を始める
revolution(名)革命
mid-(形)中頃の
construct(動)~を建設する
transport(動)~を輸送する
coal(名)石炭
iron(名)鉄
drew(動)drawの過去形,引っ張る
bank(名)岸

3

今日になってどうしてボートがとても人気になったのでしょうか。

まず、イギリスの至る所に運河があり、ナローボートは簡単に入ることができます。

人々は休暇を始めるために遠くに旅行したり、急いで飛行機に乗る必要はありません。

次に、そのボートは安全で操縦が簡単です。

たとえ今エンジンがボートに付いても調度歩くスピードよりすこし速い、時速およそ6キロメートルで遊覧します。

なので、免許は必要ではありません。

最後に、そのゆっくりのペースは航海の楽しさをつくります。

船に乗った人たちはお互いにすれ違うときに挨拶をして楽しみます。

ほとんどの運河が余暇に使われるようになって以来、誰も急がなくなりました。

運河でのボートこぎは楽しく、リラックスします。

4

このようにして、イギリスの人々はリフレッシュでき、忙しい生活を忘れることができるのです。

鉄や鋼鉄を運んでいたものは現在ゆったりと穏やかな経験を提供しています。

▽進出単語▽

rush(動)急いで行く
steer(動)~を操縦する
approximately(副)およそ
slow(形)遅い
pace(名)速度
voyage(名)船旅,航海
onboard(形)船に乗った
boater(名)船遊びをする人
nobody(代)だれも~ない
boating(名)船遊び,ボートこぎ
enjoyable(形)愉快な
relaxing(形)くつろがせる
refresh(動)~の気分を爽やかにする
used(動)useの過去形,慣れている