Lesson7 “Buckwheat Around the World”

myway3-lesson7MY WAY III
https://tb.sanseido-publ.co.jp/wp-sanseido/wp-content/themes/sanseido/images/h-school/hs-english/29-mw-ec1/29MYWAY_C1_commentary_D3.pdf

1

あなたは蕎麦が日本独自のものだと思いますか?

実際、中国や韓国の人々も蕎麦を食べます。

蕎麦はソバの実から作られます。

ソバの実は世界中のたくさんの国で生産されています。

2

様々な国のソバの生産と消費のバランスを見ていきましょう。

下のグラフは2013年の4つの国における生産と消費を示したものです。

3

ロシアは日本の約25倍ソバを生産している一方、10倍消費しています。

ロシアの人口が日本よりも少し多いことを考えると、それらの量は驚くほど大きいです。

ロシアではソバの実はしばしばカーシャと呼ばれる料理に使われます。

カーシャは日本のお粥にとても似ています。

ポーランドやウクライナのような中央、東ヨーロッパ国の人々もまたカーシャのような料理を作るためにソバの実を使います。

buckwheat(名)ソバ,ソバの実
noodle(名)ヌードル,麺類
balance(名)バランス
consumption(名)消費量
whereas(接)~だが一方
considering(前)~を考えると
population(名)人口
slightly(副)わずかに
porridge(名)ポリッジ,お粥
Poland(名)ポーランド
Ukraine(名)ウクライナ
Russia(名)ロシア

4

ロシアのように、中国のソバの実の消費は生産より少し低いです。

中国は彼らの生産するソバのおよそ5%輸出し、最も輸入している国は日本です。

5

ロシアや中国とは違い、フランスのソバの消費は生産より高いです。

フランスは自分たちで育てたソバと同じくらい輸入されたソバを消費しています。

フランスの人口が日本の半分くらいということを踏まえると、日本の人々よりもかなり多くフランスの人々はソバを消費していると言えます。

フランスでは、ソバはクレープやパンケーキを作るためにしばしば使われます。

ソバはコロッケを揚げるパン粉としても使われます。

6

ソバは主要な作物として考えられるかも知れませんが、小麦や米のような主要な作物と比較していくつかの利点があります。

ソバは貧しい土壌でも育つことができます。

加えて、速く育ち、2.5ヶ月で収穫できます。

それらの特性を考えると、ソバは世界の主要な作物の1つにある日なるかも知れません。

export(動)~を輸出する
France(名)フランス
consume(動)~を消費する
domestically(副)国内で
account(動)原因となる
crepe(名)クレープ
pancake(名)パンケーキ
crumb(名)パン粉
deep-fry(動)~を油で揚げる
croquette(名)コロッケ
consider(動)~をよく考える
minor(形)重要でない,軽い
compare(動)比較する
wheat(名)小麦
additionally(副)その上,加えて
harvest(動)~を収穫する