Reading 1 “A Special Moment in the Third Period”

MY WAY III
https://tb.sanseido-publ.co.jp/wp-sanseido/wp-content/themes/sanseido/images/h-school/hs-english/29-mw-ec1/29MYWAY_C1_commentary_D3.pdf

1

これはいつもの3時間目の古典の授業でした。

先生は興奮して話をし、生徒たちは受動的に彼の話を聞いていました。

ただし、レッスンに本当に興味があるかどうかは誰も知りませんでした。

私の席は最後の列の窓席でした。

部屋の後ろからクラス全体を見ると、教室が飛行機のように感じました。

すべての乗客は、割り当てられた座席に素直に座って、同じ方向を見ていました。

彼らはどこかに運ばれていました…

2

私は林田恭一です。

私はそのとき18歳の高校生でした。

私は授業を受けたくないと感じたとき、いつも窓の外を見ていました。

その場所は朝陰だったので、私の顔はそれに反映されていました。

退屈な授業中は少し面白かったです。

3

その日、いつものように、私は窓の中で自分を探しました。

しかし、私は窓の中で少女を見ることができることに驚きました。

彼女を見て、私は無意識のうちに「ああ!!!」と叫びました。

椅子から落ちて、先生は戸惑い、クラスメートは笑い始めました。

先生は私に「どうしたの?」と尋ねました。

「何でもないです…」と答えるしかありませんでした。

4

驚いたことに教室の窓にいた奇妙な女の子は窓側の列の一番最後の席に私の代わりに座っていました。

そして、彼女が私に気が付いた瞬間、彼女もまたあ椅子から落ちました。

彼女のクラスメートは笑っているように見えました。

3度深呼吸し、彼女は私をちらっと見ました。

自分であるにもかかわらず、私は彼女にお辞儀をしました。

彼女も同じことをしました。

私は彼女と話そうとしましたが、できませんでした。

授業中に窓と話すことがとても奇妙だと感じました。

また、私の声が彼女に届かないのではないかと不安になりました。

しかし、私は窓の中で彼女が私の隣にいることについて考えずにはいられませんでした。

再び彼女を一目見ました。

彼女もそのようにしました。

私は彼女の気を引くために窓に向かって面白い顔をしました。

これで彼女は大笑いしました。

その瞬間、私はそのことを知る前に私の横にいた先生に怒られました。

私は窓を指さし、言いました。

“窓が…”

しかし、窓は私の指だけを映しました。

5

翌日、私は再び3時間目に窓の私の顔へ振り返りました。

彼女はそこにいました!

私たちはお互いにお辞儀し、見つめ合いました。

私は自分のノートに名前を書き、彼女に見せました。

彼女は書き返しました。

私は彼女の名前が加賀まどかだと分かりました。

紙に書かれたいくらかのメッセージを通して、私は彼女が高校三年生だということが分かりました。

突然、まどかは何かにぶつかりました。

彼女は親指と小指を曲げずに手を握り、手を耳の近くに動かしました。

電話かな?

私の携帯電話をポケットからだし、彼女に見せました。

彼女はうなずき、再び耳の近くに手を動かしました。

そのとき彼女はそれぞれの手の三つの指を見て、同時に胸の前で手を胸に当てました。

彼女はその動作を二度繰り返しました。

あれは何でしょう?

頭をかしげると彼女は姿を消しました。

6

休み時間に私はクラスメートの三村幸恵と話しました。

“あなた前に手話でコミュニケーションができる親戚がいると言いましたよね?”

彼女は“えっと…はい、私の叔母です。彼女は私が小学生の時亡くなりました。”

まどかの動作を真似て私は幸恵に尋ねました。

“手話でこのサインの意味を知っていますか?”

“多分電話番号ですよ”と幸恵は答えました。

7

翌日の3時間目に私はまどかに携帯電話の番号が書いているノートを見せました。

まどかはその番号を書き、私も彼女の番号も知ることができました。

授業が終わるとすぐ、私は彼女に電話をかけようとしました。

しかし、自動音声が“あなたのおかけになった電話番号は使えません”と答えました。

使えない?

どういう意味?

8

次の3時間目に私は彼女に彼女の電話ができないことを伝えるためにたくさんのジェスチャーを使いました。

彼女もまた私に繋がらなかったようです。

彼女はそのとき彼女のノートに“あなたはどこの学校に通ってますか?”と書きました。

私たちは同時にノートを見せました。

両方のノートには“セイリョウ第一高校”の名前がありました。

私たちは同じ学校に通っている?

まどかはここにいる?

授業の後、私は幸恵に“加賀まどかっていう名前の生徒知ってる?”と尋ねました。

“加賀?聞いたことある名前です。あ、私の叔父の名字が加賀です”と彼女は答えました。

私は“叔父が彼女とは何も関係が無いことは明らかです。”と言いました。

“先生に全生徒のリストを見せてもらえるように聞いてみては?”

“そうですね、良い考えです。”

放課後、私はリストを見ましたが、加賀まどかはこの学校にはいないことが分かりました。

9

翌日、まどかは2009年にセイリョウ第一高校の生徒だと教えてくれました。

私は彼女に今は2015年だと伝えました。

それから私は別の時代の人と話していることに気が付きました。

私は気絶するかと思いました。

どうしてこのことができるのでしょう?

10

とにかく、私はこの事実を楽しんだので彼女と話し続けることに決めました。

これは3時間目をより面白いものにしてくれました。

私たちは手話を“おはよう”というためにしばしば使っていましたが、私たちの主なコミュニケーション方法はジェスチャーとノートでした。

ある日、私はまどかにこのチャンスを宝くじをあてるなどに使うべきだと提案しました。

しかし、彼女は賛成しませんでした。

彼女は“私は未来をすすんで見るべきではない。そして私は私たちの授業に再び集中する時間だと思います。”とさえ言いました。

その後、私たちは以前のように話しませんでした。

彼女はそこにいて、他の生徒のように前を向いていました。

11

一学期が終わる二日前、私は先生から2009年の名鑑を借りました。

私はまどかともう話せませんでしたが、私はまだ彼女がどのような人か知りたかったのです。

彼女は集合写真の中には居らず、彼女の写真が集合写真の隅にあるのを見つけました。

どうして?

先生は言いました。“この生徒は夏休みに海難事故で亡くなったよ。”

何で?私は窓を通して幽霊を見れたの?

いいえ、彼女は2009年の一学期に生きているまどかです。

12

次の一学期最後の3時間目に、ホームルームがありました。

私は彼女の注意を引こうとしました。

私は彼女が海に泳ぎに行くことを何とかして妨げなくてはなりませんでした。

しかし、彼女はまだ私と話すことを拒みました。

彼女は私のことすら見ようとしませんでした。

だめだ。

もし私が今このことを彼女に伝えられなければ、彼女を助ける方法がありません。

私はまどかに必死に“海に行かないで!”とジェスチャーしました。

13

その日の帰り道の足取りは重く感じました。

私はまどかが私の最後のメッセージを受け取ったかどうかとても心配していました。

そのとき幸恵から電話がかかってきました。

彼女は“どうして手話クラブに来ないの?私が叔母に窓に向かっていつも手話の練習をしているクラスメートの話をしたとき、叔母が私に彼をクラブに連れてきなさいと言いました。

私は“少し面倒くさいです、そしてあなたの叔母は亡くなったと言っていませんでしたか?”と言いました。

動揺しながら、彼女はいました。

“何を言っているの?彼女は生きているわ!とにかく、来て!”

14

幸恵のおかげで、私はクラブミーティングに参加することを決めました。

コミュニティーセンターにあるミーティングルームのドアにはポスターがありました。

それには“手話クラブ、加賀”と書かれていました。

加賀?

私がその名前を不思議に思ったとき、幸恵が私を見つけ、ミーティングルームにいる彼女の叔母に言いました。

“まどかちゃん!これが私のクラスメートです!”と彼女は言いました。

まどかちゃん?

幸恵は私に言いました。

“まどかちゃんは私の叔母です。でも彼女は若いです。彼女は私よりも調度6歳年上です。私はこのことを伝えましたっけ?”

加賀まどか?6歳年上?

15

もし彼女が本当にここにいるなら、私はまだ彼女に会う準備ができていません。

私は引き返しましたが、幸恵は私を行かせませんでした。

私たちが話し合っている間、20代半ばの女性が現れました。

彼女はとても美しく、私は彼女だと分かりました。

私は混乱し、逃げ始めました。

私が大体10メートル走ったとき、私は電話を受け取りました。

“元気?”

私は電話にでて、軽く混乱しました。

“ついに電話でつながれましたね”

私が振り返ったとき、私は“おはよう”と手話で話したまどかの指を見ました。