Lesson8 “Standing Up for Human Rights”

1

1995年のラグビーワールドカップ南アフリカ大会の決勝戦は、世界中のほとんどの人が最も興奮した国際試合の一つでした。

しかし、南アフリカの人々にとっては、それ以上の意味がありました。

さまざまな人種の国民すべてが、未来への多くの希望を胸に、この試合を観戦していました。

かつては敵同士だった人たちが、自分たちの代表チームを応援していました。

2

南アフリカでは、アパルトヘイトと呼ばれる制度のもと、黒人は長い間差別を受けてきました。

彼らの教育、就職、住居は白人とは厳しく隔離されていました。

彼らは良い教育を受けることも、仕事を見つけることも、白人だけが住むことのできる特定の地域に住むこともできなかったのです。

やがて、この考え方に反対する人たちが国の内外に増えてきました。

ネルソン・マンデラ氏は、そのような人たちを率いていましたが、警察に連行され、牢獄に入れられました。

そして、1990年にようやく解放されるまで、27年間も狭い独房に閉じ込められていました。

3

1994年、南アフリカ史上初めて全人種の国民に投票権が与えられた総選挙が行われ、マンデラ氏が南アフリカ大統領に選出されました。

同年、アパルトヘイトが廃止され、新生南アフリカを象徴する新しい国旗がデザインされました。

しかし、黒人の人たちは、長年苦しんできたことを忘れることはできませんでした。

当時、白人は黒人が自分たちに反撃してくることを恐れていたのです。

彼らが友達になるにはかなり難しい状態でした。

実際、戦争一歩手前まで来ていました。

4

この問題を解決するために マンデラ氏は、スポーツで国民を団結させ、互いを身近に感じることができないかと考えました。

彼はラグビーを選びました。

南アフリカでは、ラグビーは “白人のスポーツ “でした。

黒人は、南アフリカのナショナルチームであるスプリングボックスを嫌い、自分たちのチームを応援せず、外国のチームを応援していました。

マンデラ氏は、「色の違う人たちが一緒にスポーツをしたり、同じチームを応援したりすれば、もっと仲良くなれないか」と考えました。

5

スプリングボックを率いたフランソワ・ピナールをはじめ、選手たちはマンデラ氏の考えを支持し、”One Team, One Country “の意味を理解しようと努めました。

これは、もしロベン島という島の刑務所を訪問していなかったら、もっと時間がかかっていたかもしれません。

6

マンデラ氏が囚われの身となっていた監獄島を訪れ、メンバーたちはマンデラ氏の気持ちをより深く理解することができました。

ロベン島はまだ刑務所として使われていました。

選手たちはマンデラ氏が長期滞在していた独房を見ました。

多くは入れないので、1人、2人と入っていきます。

その小さな部屋を見て、過去に白人が黒人に何をしたのか、本当によくわかりました。

7

マンデラ氏の独房を見たスプリングボックの選手たちは、そこで黒人の囚人たちに会いました。

15年前、囚人たちは、スプリングボクスのイギリスチームとの試合をラジオで聴きながら、イギリスチームを応援していました。

警備員に応援をやめるように怒鳴られながらも、外国チームのために応援しました。

しかし今では、囚人たちはチームのメンバーに会えることを喜び、光栄にさえ思っているようでした。

ピナールが前に出て、「今のチームは、自分たちを含めた国全体の代表なんだ」と言いました。

それを聞いた囚人たちは、選手たちのために一緒に歌を歌い始めました。

囚人たちは、過去を忘れ、かつての敵とも仲良くなれるような未来に目を向けようとしていました。

しかし、南アフリカのすべての黒人が、過去の出来事を忘れ、チームを応援できるようになるには、まだまだ長い道のりがありました。

8

次々と勝利を収め、徐々に雰囲気が変わってきました。

ワールドカップ以前はラグビーのルールすら知らなかった黒人たちが、白人と一緒にラグビーをすることに興味を持ち始めました。

スプリングボクスが活躍すればするほど、黒人がラグビーをするようになりました。

そしてついに、国民全体が試合を見、スプリングボクスの応援をするようになりました。

より多くの人々が新しい国旗を振り始め、それはアパルトヘイトの真の終わりを意味していました。

9

決勝戦では、ついにニュージーランドのオールブラックスと対戦しました。

試合の5分前、ネルソン・マンデラ氏がフィールドに出てきて、選手たちと握手を交わしました。

彼はスプリングボックの緑のキャップとユニフォームを着ていました。

ネルソン・マンデラ氏の姿を見て、人々は静まり返りました。

歌が始まり、最初は小さく、だんだん大きくなり、激しくなっていきました。

白人の群衆は、一つの国民として、「ネルソン!ネルソン!」と何度も何度も繰り返し唱えました。

それは魔法の瞬間でした。