Chapter4 “Communication Breakdown”

Part3

(5)

会話の後、ジュディは悲しくなり、怒りました。

ジュディは残りの人生を彼と一緒に過ごすことができないかも知れないと考えました。

結局、彼女は彼と結婚しないことに決めました。

(6)

ミックはジュディの感情を傷つけるつもりはありませんでした。

実際、彼は本当に彼女を助けたかったのです。

そのため、彼は彼女のアパートにまた甥が来るかもしれないという似た問題を避けるために彼女にアドバイスしました。

彼はまた、彼が考えられるベストの解決策を示しました。

彼はこの考えで十分だと思いました。

(7)

しかし、ジュディはどれくらいその事件のために悲しくなったかミックに理解して欲しかったが、彼は彼女が期待していたことを何も言いませんでした。

その代わり、彼は2つのアドバイスをしました。

彼女はミックが彼女の気持ちを理解していないと思いました。

conversation(名)会話
eventually(副)結局,ついに
avoid(動)~を避ける
solution(名)解決策
accident(名)事故,不測の出来事
expected(形)予期された,期待された

Part4

(8)

この種類の誤解はとても一般的です。

それはコミュニケーションスタイルの違いから起こります。

私たちが問題について話すとき、最初に理解を期待する傾向がある人もいれば、問題の解決方法にだけ集中する傾向がある人もいます。

さて、ジュディとミックの場合に戻りましょう。

ジュディが汚れたカーペットについて話していたとき、彼女は、ミックが彼女の気持ちを理解して、彼女をなだめることを期待していました。

しかし、ミックはジュディの問題の解決方法についてアドバイスしました。

それが彼女に対する彼の心配を表現する方法でした。

もしジュディとミックが彼らのコミュニケーションの違いに気づいていたら、お互いに関係が崩壊することはなかったでしょう。

(9)

他人のコミュニケーションスタイルの違いに気づけば、私たちはそのような誤解を避けることができるでしょう。