Lesson6 “Washoku-Traditional Japanese Dishes-“

myway1-lesson6MY WAY I
https://tb.sanseido-publ.co.jp/wp-sanseido/wp-content/themes/sanseido/images/h-school/hs-english/29-mw-ec1/29MYWAY_C1_commentary_D3.pdf

Section1

次の、フランス、メキシコ、トルコ、そして地中海の国々に共通することは何でしょう。

それらはすべて伝統的な食文化がユネスコの遺産リストに載っています。

例を見てみましょう。

最初に、フランスは大切な出来事を良い食事とともに祝う習慣があります。

人々は料理と供によく熟成したワインを選びます。

次に、メキシコ料理は約7,000年の長い歴史をもちます。

トウモロコシとこしょう、豆を料理のメインに使います。

トルコと地中海の料理もまた彼ら自身の特徴を持ちます。

和食は日本の伝統料理です。

2013年に、リストに加えられました。

和食の何が特別なのでしょうか。

▽進出単語▽

common(形)共通の
heritage(名)文化的遺産,伝統
list(名)リスト
celebrating(名)祝賀会
wine(名)ワイン
pepper(名)コショウ
mainly(副)主に
characteristic(形)特有の

Section2

和食は4つの主な特徴を持っています。

まず、和食は新鮮な食材を使います。

人々は地元の季節の食材を慎重に選びます。

その成分は、味を引き出すために様々な方法で使われます。

次に、和食はバランスがいいです。

和食での典型的な食事は、ご飯、スープ、そして魚や野菜のような3つの料理です。

これらの食事は日本人がよく食べます。

三つ目に、和食は見た目がきれいです。

食べ物の色は自然の美しさが見られます。

人々はよく食べ物と合う皿を使います。

最後に、和食は年中行事の重要な一部です。

例えば、新年を祝うために家族は伝統的におせちをつくります。

一緒におせちを食べることで、人々は家族のつながりを強めます。

▽進出単語▽

main(形)主な,主要な
fresh(形)新しい,新鮮な
ingredient(名)材料,食材
seasonal(形)季節的な
variety(名)いろいろの
well-balancedバランスのとれた
meal(名)食事
soup(名)スープ
beauty(名)美,美しさ
plate(名)皿
annual(形)年一回の,例年の
tie(動)~を結ぶ

Section3

今日、世界は小さくなっています。

グローバル化のため、日本人は食が変わってきています。

最初に、日本は食料を多く輸入します。

言い換えると、あなたは大抵外国から来たものを食べているかも知れません。

例えば、典型的な日本の食事は、鮭はノルウェーからきたものかも知れません。

味噌汁の味噌はアメリカの大豆から作られている可能性があります。

次に、多くの日本人の間で人気の料理は日本以外が発祥です。

焼き肉は韓国から、カレーはインドから来ました。

人々の中には良いように変わったと見なす人もいます。

彼らにとって、その変化は豊かな文化交流を示しています。

▽進出単語▽

due(動)~する予定である
globalization(名)グローバル化,国際化
import(名)輸入品
piece(名)1つ
salmon(名)サケ
might(助)~かも知れない
soy(名)大豆
regard(動)~と見なす
rich(形)裕福な,豊かな
cultural(形)文化の

Section4

世界には、彼らの食文化が変わることを心配している人々がいます。

それらの人々はなんとかして彼らの伝統的な料理を守りたがっています。

1つの方法として、外国の影響から伝統的な食文化を守ることです。

例えば、イタリアのある街では新しいファーストフード店の開店を禁止する法律があります。

別の方法として、若い世代に伝統的な食文化の大切さを教えることです。

日本では、多くの学校で生徒達に伝統的な料理の作り方を教えています。

一度食文化が変わり始めると、止めることは難しいです。

食べ物は文化の中心です。

そのため、和食は未来の世代のために保存されるべきです。

▽進出単語▽

somehow(副)何とかして
influence(名)影響
law(名)法律
prohibit(動)~を禁止する
fast-food(名)ファーストフード
generation(名)同世代の人々,世代
preserve(動)~を保存する