Chapter8 “A Loving Story”

1

夜中の2時でした。

リチャードと私は寝室でぐっすり眠っていました。

すると、突然誰かがドアを叩きました。

私たちは、そこに立っている怒った警察官を見て驚きました。

「あの女は誰だ」警官が私を指差しながら夫に言いました。

「彼女は私の妻です」とリチャードは答えました。

「違法だ!」と警官は叫びました。

私は黒人で、リチャードは白人です。

当時のアメリカでは、白人と黒人の結婚は普通ではありませんでした。

実際、バージニアはそのような結婚が認められていない州のひとつでした。

そのため、リチャードと私は結婚するためにワシントンD.C.に渡りました。

誰かが私たちの結婚を警察に通報したせいで、私たちはヴァージニアの自宅で逮捕されました。

私たちは難しい決断を迫られました、1年間刑務所に入るか、あるいは25年間ヴァージニアを離れるかです。

私は出産を控えていたので、引っ越しすることを選びました。

loving(形)愛する
Richard(名)リチャード
Mildred(名)ミルドレッド
Virginia(名)バージニア
suddenly(副)突然に
bang(動)叩く
fast asleep(動)ぐっすりと眠る
sir(名)[男性の]警察官
illegal(名)違法
marriage(名)結婚
Washington,D.C.(名)ワシントンD.C.
because of〜のせいで、〜のために
arrest(動)逮捕する
somebody(名)誰か
decision(名)決断
jail(名)刑務所
make a decision決定する、決心する

2

私たちはワシントンD.C.に移り住み、3人のかわいい子供たちに恵まれました。

ワシントンD.C.に住み、家族を育てることは許されましたが、生活は楽ではありませんでした。

リチャードは建設業者としての仕事を見つけるのに苦労しました。

私も、混雑した地域の小さなアパートで3人の子供を育てるのは大変でした。

ある日、下の息子が道を歩いていて、予期せず車にはねられました。

幸い、息子に大きな怪我はありませんでしたが、これは私が引っ越したときに望んでいたことではありませんでした。

そこで私は、バージニアに住む家族の権利を守るために闘う決意をしました。

私は政府の要人である米国司法長官に次のような手紙を書きました。

「私たちがヴァージニアで一緒に暮らすことが法的に許されていないことは承知しています。しかし、私たちは戻って友人や親戚とまた一緒に暮らしたいのです。どうか助けていただけないでしょうか?」

数週間後、私たちに電話がかかってきました。

「私の名前はバーナード・コーエンです。あなたのような人を助けるために働いている弁護士です」

コーエン氏は、司法長官が私の手紙を彼に送ったと説明しました。

彼は無償で私たちの弁護を受けてくれました。

そして私たちの闘いが始まったのです!

builder(名)建築者
have difficulty (in) doing〜するのに不自由する
accidentally(副詞)偶然に、うっかり
fortunately(副)幸運にも
following(名)下記
attorney(名)法律家、弁護士
legally(副)法律的に
relative(名)親戚、身内
make up one’s mind〜の心に決意する
Bernard Cohen(名)バーナード・コーエン
legal(名)法律、弁護
for free無償で

3

1960年代初頭は、国中で何百万人もの人々が平等な権利を求めて立ち上がった時代でした。

彼らは看板を持って行進し、人種的不公正に対して声を上げました。

なぜ黒人と白人は別々の学校に行かなければならないのか?

なぜ黒人はバスの後ろの席に座らなければならないのか?

トイレもレストランに入るドアも違う。

なぜ?

コーエン氏は私と夫のリチャードに、”新聞や雑誌にあなたの話を紹介したらどうですか?”と言い
ました。

最初は私たちはその考えを断りました、私たちは決して有名にはなりたくなかったからです。

しかし、コーエン氏は最終的に私たちの考えを変えてくれた。

やがて私たちの写真は全米の多くの新聞や雑誌に掲載され、その結果は驚くべきものでした。

黒人も白人も含め、何千人もの人々が私たちの問題を読み、応援してくれました。

しかし、裁判はあまり順調ではありませんでした。

ある裁判官は、「人種の純粋性は維持されなければならない!」と言いました。

別の裁判官はこう言いました。

「神は決して混血を望んでいない!」と。

そしてついに、私たちの裁判は連邦最高裁判所に持ち込まれました。

equal(形)平等な
march(名)行進
racial(形)人種の
injustice(名)不正、不当
restroom(名)トイレ、お手洗い
millions of…何百万の、数百万の
stand up for…〜に立ち向かう
speak out against…〜に反対して声を上げる
Why don’t you do…?〜してみてはいかがですか?
well-knownよく知られている、有名な
turn down…〜を断る
change one’s mind考えを変える
judge(名)裁判官
purity(名)純度
supreme(形)最上位の

4

最終決定の前日、コーエン氏が私たちに会いに来ました。

私は自分の気持ちを伝えました。

「負けるのが怖いです。」私の声は震えていました。

「心配しないでください、奥さん」

「正義は最後には勝つんです。」とコーエン氏は言い、それからリチャードにこう尋ねました。

「法廷で何か伝えますか?」リチャードは私の肩に腕を回したまま、しばらく考えてから言いました。

「妻を愛していることを裁判官に伝えてください。」

1967年6月12日、裁判所は最終判決を下しました。

“憲法の下では、すべての人は他の人種の人と結婚する権利がある” ミルドレッドがこの判決を知ったのは、一本の電話がきっかけでした。

彼女は電話を強く握りしめ、しばらく黙っていました。

嬉しくて何も言えなかった。

彼らは勝ったのです!

その日、アメリカ全土で混血結婚が合法化されました。

ミルドレッドとリチャードは子供たちとともにヴァージニアに戻り、そこで幸せに暮らしました。

ついに愛情は、本当に法的に “愛する “家族になったのです。

tremble(動)震えている
ma’am(名)奥さん
justice(名)正義
for a momentしばらくの間
constitution(名)憲法
tightly(副)きつく
hand down(動)(判決を)言い渡す
too…to do〜するには…すぎる
happily(副)幸福な
at lastついに