Lesson5 “Table for Two”

Part1

1947年、母のデボラはニューヨーク大学の21歳の学生で、英文学を学んでいました。

彼女は美しく、本を読むのを好みました。

彼女は作家になることを望んでいました。

父のジョゼフは中学校で美術を教えた若い画家でした。

土曜日、彼は一日中絵を描き、レストランで食事をしました。

ある土曜日の夜、彼は天の川と呼ばれる場所を選びました。

天の川は私の母のお気に入りのレストランでした、そしてその土曜日、彼女はディケンズの大いなる遺産をもって夕食にそこに行きました。

レストランは混んでいて、彼女は最後のテーブルを手に入れました。

彼女は食事とワインに落ち着き、それからすぐに本に夢中になりました。

しばらくして、ウェイターは私の母親にテーブルを共有してもいいかどうか尋ねました。

わずかに本から顔を見上げると、母は同意しました。

Deborah(名)デボラ
literature(名)文学,文芸
Joseph(名)ジョゼフ
Milky Way(名)天の川,銀河
Dickens(名)ディケンズ 《1812‐70; 英国の小説家》
expectation(名)遺産
crowded(形)込み合った,満員の
settle(動)〈…することを〉決める
wine(名)ぶどう酒,ワイン
waiter(名)(ホテル・レストランの)ウエーター,ボーイ
willing(形)〈…するのを〉いとわないで
barely(副)かろうじて,わずかに,やっと

Part2

“貧しいピップ”と父が大きな遺産を見て言いました。

母は顔を上げて親しみのあるものを目にしました。

数年後、私にもう一度その話をしてと頼んだ時、彼女は愛らしくため息をつき、“私は彼の目に自分を見ました。”と言いました。

私の父は彼の頭の中で“彼女はあなたの運命です”という声を聞いたことを確信しています。

彼はつま先から頭の先までチクチクする感覚を感じました。

私は両親はその夜何を感じても奇跡的なことが起こったと理解しました。

旧友のように、彼らは何時間も話しました。

夕方が過ぎると、母は大いなる遺産の表紙に電話番号を書き、父に渡しました。

彼は別れを告げ、彼女の額にキスをし、それから彼らは反対方向に歩きました。

どちらも寝ることができませんでした。

母は父の顔を心にとどめていました。

父は一晩中起きて彼女の肖像画を描いていました。

Pip主人公の愛称
sigh(動)ため息をつく,吐息をつく
sweetly(副)甘く;うまく;心地よく,調子よく
destiny(名)運命,宿命
tingle(動)〈体などが〉〔…で〕ひりひり[きりきり,ちくちく]する[痛む]; うずく
sensation(名)感覚,知覚
toe(名)つま先(部分)
whatever(代)(…する)もの[こと]は何でも,(…する)もの[こと]は皆
miraculous(形)奇跡的な,不思議な
kiss(名)キス
forehead(名)額(ひたい), 前額部
opposite(形)反対側の,向こう側の,向かい合っている
direction(名)方向,方角; 方位; 方面
neither(形)どちらの…も…でない
mind(名)心,精神
portrait(名)肖像(画); 肖像[人物]写真,ポートレート

Part3

次の日、私の父は彼の親のもとへと訪ねました。

彼は地下鉄で読むために本を持っていきましたが、疲れていて、始まってすぐに眠気を感じました。

彼は本をコートのポケットに入れ、コートを彼の座席の横に置き、目を閉じました。

彼は長い間目を覚ましませんでした。

その時、彼は聞きなれない駅名が放送されるのを聞きました。

彼は周りを見渡しましたが、コートがどこかに行ってしまいました。

本も一緒になくなりました。

彼は彼の車両と隣の車両のシートの下を探しました。

泥棒が彼のコートを盗んだのでしょうか?

興奮して、ジョゼフはデボラの姓を尋ねるのを愚かにも忘れていました。

電話番号は彼女との唯一のつながりでした。

私の母が期待していた電話は一度も来ませんでした。

父はニューヨーク大学で彼女を探しましたが、彼は彼女を見つけることができませんでした。

運命は彼らの両方を裏切りました。

subway(名)地下鉄
exhausted(形)使い尽くされた,消耗した,枯渇した
pocket(名)ポケット
announce(動)発表する,知らせる,告知する; 披露する
thief(名)泥棒
stolen(動)steal の過去分詞
excitement(名)興奮; (心の)動揺
foolishly(副)愚かにも,ばからしくも
connection(名)結合,連接
expect(動)予期する
betray(動)裏切る; だます

Part4

その夏、二人はヨーロッパに向かいました。

母はオックスフォードで勉強するために一人でイギリスに行き、父は不幸にもパリに絵を描くために一人で行きました。

もし彼が大いなる遺産を失ってなかったら、二人は一緒に夏を楽しんでいたでしょう。

私の母は研究の3日間の休息でパリへと飛びました。

彼女は大きな期待の新しいコピーをともに持っていきました。

父との悲しい経験があってから彼女はそれを読みたくありませんでした。

観光での長い一日の後、彼女は混んでいるレストランで腰を下ろし、本を開き、彼について再び考え始めました。

数行読んだ後、ウェイターが遮りました。

彼は彼女に、テーブルを共有していいか尋ねました。

彼女は同意し、本に戻りました。

しばらくして、彼女は親しみ深い声を聞きました。

“貧しいピップ”とその声は言いました。

彼女が顔を上げると、彼が再びそこにいました。

head(名)頭,頭部,首
unhappily(副)不幸に,みじめに
copy(名)写し,複写,コピー
sightseeing(名)観光(旅行), 遊覧
sentence(名)文,文章
interrupt(動)〈…を〉さえぎる; 中断する