Reading “Christian the Lion”

1

1969年のある日、ロンドンの大きなデパートが買い物客でいっぱいになった。

ジョンとエースは、ロンドンでシェアハウスをしていた。

その頃、彼らはオーストラリアにいる家族に送るクリスマスプレゼントを買いに行っていた。

2

買い物をしていると、ライオンの赤ちゃんが入った小さな檻が売られているのを発見した!

「デパートでライオンを見たのは初めてだ!」と エースは驚いて叫んだ。

3

ライオンの赤ちゃんはかわいらしかったが、すごく悲しそうだった。

彼らは狭い檻の中にいるライオンがかわいそうだと思った。

ついにジョンが「買ってやろう」と言った。

4

その雄ライオンはクリスチャンと名付けられた。

クリスチャンは数日で、ジョンとエースとの新しい生活を気に入ったようだった。

二人とクリスチャンはとても仲良くなった。

二人が話しているとき、クリスチャンは二人に優しくタッチして、一緒に遊びたいことを示した。

5

また、クリスチャンは外出が好きだった。

ジョンとエースは、彼のために特別な首輪を買った。

二人が散歩に出かけると、クリスチャンは興奮した小犬のようにリードを引っ張った。

また、野原で一緒に走ったり、ボールで何時間も遊んだりした。

「この子のいない生活は考えられない」とジョンは笑顔で言った。

6

最初は、ロンドンにライオンがいることに驚いた。

しかし、すぐにクリスチャンがかわいい友達であることがわかった。

新聞社のカメラマンやテレビのレポーターなど、たくさんの人がクリスチャンに会いにやってきた。

7

しかし、クリスチャンが成長するのはとても早い。

ジョンとエースは、幸せな生活が長く続かないことを感じていた。

8

ある日、クリスチャンは家の中でベルトを見つけ、それを銜えた。

エースはベルトを取り上げようとしたが、初めて怒ったように鋭い歯を見せた。

エースはショックを受け、そのことでクリスチャンが野生動物であることを思い知らされた。

9

クリスチャンのことが心配になった2人は、友人の1人から、ケニアのライオンの専門家であるジョージに相談するように勧められた。

ジョージは、クリスチャンは野生の他のライオンの仲間になったほうがいいと言いました。

ジョンとエースは、クリスチャンには野生での生活が一番だと思い、ジョージの意見に賛成した。

10

1970年、二人はクリスチャンを解放するためにケニアに渡った。

二人はジョージに、クリスチャンが野生で暮らせるように訓練するよう頼んだ。

そして、クリスチャンは新しいライオンの仲間に出会い、彼らの生き方を学びました。

11

あっという間に最終日を迎えた。

ジョンとエースはクリスチャンと最後の楽しい一日を過ごしました。

翌朝、彼らはさよならも言わずすぐに去りました。

12

1年後、ジョンとエースは再びアフリカに渡った。

ジョージは二人に、「彼は他のライオンと仲良くしているよ彼は新しい生活が大好きで、野生動物のように振る舞っている」と言った。

また、2人は「今、クリスチャンに近づくのは危険すぎる」とも言われた。

13

野原にさしかかると、ライオンが現れた。

それはクリスチャンだった!

突然、ライオンは彼らのほうに走り出しました。

一瞬怖い思いをした。

しかし、クリスチャンは大きな前足をエースの胸にのせて、顔をなめはじめた。

ジョンにも同じことをした。

「信じられない。クリスチャンは私たちを覚えていた!」とエースは言った。

「私は忘れてないと思っていた。ただそうとだけ思った」とジョンは言った。

14

その後、クリスチャンは旧友を新しい家族に会わせることもした。

真の友情と愛に限界はないことを、彼らは実感した。